誕生日データベース

藤沢嵐子ふじさわらんこ

歌手[日本]

1925年 7月21日

藤沢 嵐子(ふじさわ らんこ、1925年7月21日 - 2013年8月22日 )は、日本の歌手。
本名:早川 嵐子(はやかわ らんこ)。
1950年代のタンゴ・ブームの時に『タンゴの女王』と呼ばれた。
日本語の訳詞ではなく、本場のスペイン語で歌うことで知られている。
東京生まれ。
東京市立忍岡高等女学校(現:東京都立忍岡高等学校)卒業。
1943年に東京音楽学校(現:東京芸術大学)声楽科予科に入学。
翌年本科に進むが、満州の紡績工場に単身赴任していた父の招きで、大学(当時は大学ではない筈です)を休学(のちに中退)して一家で満州に渡る。
大連近郊の瓦房店市に住み、父が勤める工場で働く女工に歌を教える日々を送る。
日本の敗戦後しばらくしてから、治安の悪化や父の失業などの理由から瓦房店市から大連に移り、家計を支えるためにダンスホールで歌い始める。
1947年3月に引き揚げ。
東京に戻ってからもなお、家計を支えるためにダンスホールやドサ回りでの歌手活動を続ける。
この頃、原孝太郎と知り合い、彼のバンド「原孝太郎と東京六重奏楽団」で歌い始める。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「藤沢嵐子」と関連する人物

連想語句
  • 東京
  • 学校
  • タンゴ
  • 忍岡
  • 満州
  • 音楽
  • 高等
  • スペイン語
  • ホール
  • 作品
  • 出場歴
  • 大連
  • 工場
  • 東京芸術大学
  • 歌唱
  • 紅白歌合戦
  • 邦題
  • 都立
  • 関連
  • ブーム
  • 一家
  • 中退
  • 予科
  • 休学
  • 入学
  • 卒業
  • 単身赴任
  • 声楽科
  • 大連市
  • 失業
  • 女学校
  • 女工
  • 女王
  • 家計
  • 市立
  • 悪化
  • 敗戦
  • 日々
  • 日本
  • 日本語
  • 旧制
  • 本場
  • 本科
  • 治安
  • 理由
  • 紡績
  • 翌年
  • 訳詞
  • 近郊