生年月日データベース

リチャード・オーウェンRichard Owen

生物学者[イギリス]

1804年 7月20日

リチャード・オーウェン - ウィキペディアより引用

リチャード・オーウェン(Sir Richard Owen, 1804年7月20日 – 1892年12月18日)は、イギリスの生物学者・比較解剖学者・古生物学者。
王立協会フェロー。
その比較解剖学の深い知識によりキュヴィエの後継者と目され(師弟関係はない)、「イギリスのキュヴィエ」とも呼ばれた。
科学史においては「恐竜」という語の創設と、ダーウィン進化論への熱烈な反論で知られる。
英国科学界の頂点であったことから王室との個人的なつながりもあったが、妻と息子には先立たれ学界でも孤立し、公私ともに孤独な晩年であった。
一般的に、有能で科学への寄与も大きいが、人間性は高く評価されることが少ない。
1842年に騎士の称号を一度辞退しているが、1884年の退官時にあらためてバス二等勲爵士として騎士に列せられた。
前半生と経歴 オーウェンはランカスターに生まれ、ランカスター・ロイヤル・グラマー・スクールで学んだ。
1820年、彼は地元の外科医と薬剤師の徒弟となり、1824年にはエディンバラ大学に進み医学生となった。

■ 関連書籍

連想語句
  • 動物
  • 比較
  • 科学
  • 脊椎
  • 解剖
  • キュヴィエ
  • 学者
  • ダーウィン
  • バス
  • フェロー
  • 前半生
  • 勲爵
  • 協会
  • 恐竜
  • 爬虫類
  • 王立
  • 進化論
  • 騎士
  • 鳥類
  • イギリス
  • ジョルジュ
  • チャールズ
  • ナイト
  • 一度
  • 人間性
  • 公私
  • 創設
  • 勲章
  • 反論
  • 古生
  • 古生物
  • 孤独
  • 孤立
  • 学界
  • 寄与
  • 師弟
  • 後継者
  • 息子
  • 晩年
  • 有能
  • 物学
  • 王室
  • 生物
  • 生物学
  • 知識
  • 称号
  • 英国
  • 評価
  • 辞退
  • 退官
  • 関係
  • 頂点