生年月日データベース

天野祐吉あまのゆうきち

編集者、評論家[日本]

1933年 4月27日 生 (満85歳)

天野 祐吉(あまの ゆうきち、1933年4月27日 - 2013年10月20日)は、日本のコラムニスト。
雑誌『広告批評』主宰者、マドラ出版社主。
出身地は東京市足立区(現東京都足立区)。
松山一高併設中学(旧制松山中学、現・松山東高)、松山南高卒業、明治学院大学中退後、創元社、博報堂を経て独立し、雑誌「広告批評」を創刊する。
広告に対する批評で知られる。
2002年11月から2007年3月まで、中学・高校時代を過ごした愛媛県松山市にある松山市立子規記念博物館館長を務め、2007年4月より名誉館長に就任している。
2000年、65歳のとき31歳下の天野伊佐子夫人と再婚する。
朝日新聞の連載コラム「天野祐吉のCM天気図」はまず夫人に読ませ、反応を見ながらより分かりやすい文章に仕上げていた。
1984年の朝日新聞において後に「CM天気図」と改名となる「私のCMウォッチ」を開始。
2013年10月16日まで1132回まで連載した。
2013年10月20日午前10時38分、間質性肺炎のため死去する。
80歳没。
没後に新刊が刊行された。
エピソード 「CM天気図 晴れのち雨編」では暑い時期、身体を動かさずTV前でうずくまりファミコンを遊戯しながらと勝手に思っていたり、4年間待たされていた『MOTHER2 ギーグの逆襲』が、やっと出る事とそのCMがゲームファンの期待と恨み節だと思われるコンセプトだろうか?とのかという見解を述べている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 松山
  • 広告批評
  • 足立区
  • エピソード
  • テレビ
  • ラジオ
  • 中学
  • 共編
  • 出演
  • 創元社
  • 南高
  • 博報堂
  • 学校
  • 愛媛
  • 明治学院大学
  • 東京
  • 東京都
  • 県立
  • 社主
  • 著書
  • 連載
  • 雑誌
  • マドラ
  • 一高
  • 中退
  • 主宰者
  • 併設
  • 出版
  • 出身
  • 創刊
  • 卒業
  • 批評
  • 旧制
  • 東高
  • 独立
  • 高等