生年月日データベース

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインLudwig Josef Johann Wittgenstein

哲学者[オーストリア→イギリス]

1889年 4月26日

1951年 4月29日 死去享年63歳
ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン - ウィキペディアより引用

ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ヴィトゲンシュタイン(独: Ludwig Josef Johann Wittgenstein、1889年4月26日 - 1951年4月29日)は、オーストリアのウィーンに生まれ主にイギリスのケンブリッジ大学で活躍した哲学者である。
後の言語哲学、分析哲学に強い影響を与えた。
ケンブリッジ大学・トリニティ・カレッジのバートランド・ラッセルのもとで哲学を学ぶが、第一次世界大戦後に発表された初期の著作『論理哲学論考』に哲学の完成をみて哲学の世界から距離を置く。
その後、小学校教師になるが、生徒を虐待したとされて辞職。
トリニティ・カレッジに復学してふたたび哲学の世界に身を置くこととなる。
やがて、ケンブリッジ大学の教授にむかえられた彼は、『論考』での記号論理学中心、言語間普遍論理想定の哲学に対する姿勢を変え、コミュニケーション行為に重点をずらしてみずからの哲学の再構築に挑むが、結局、これは完成することはなく、癌によりこの世を去る。

■ 関連書籍

二十世紀初頭の英国ケンブリッジを舞台に活躍した天才哲学者。オーストリア出身で、1889年に生まれ、1951年に世を去った。 「語りえないもの」とは何か? を一生問い続けた。 ヴィトゲンシュタインとも発音する。 前期の「論理哲学論考」とそれを自ら批判した後期の「哲学探究」との時期に一般にその立場は分かれる。ものすごく雑にいうと前期では言語を像として捉え、後期では像ではないとして使用を通して把握した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 哲学
  • イギリス
  • ウィーン
  • ケンブリッジ
  • 時代
  • 論考
  • オーストリア
  • 世界
  • 出版
  • 分析
  • 名前
  • 哲学者
  • 大学
  • 大戦
  • 学生
  • 小学校
  • 幼少
  • 建築家
  • 復帰
  • 教師
  • 教授
  • 概要
  • 生涯
  • 言語
  • 以後
  • 出身
  • 国籍
  • 影響