誕生日データベース

相馬直樹そうまなおき

男子サッカー選手、監督[日本]

1971年 7月19日

相馬 直樹(そうま なおき、1971年7月19日 - )は、静岡県静岡市清水区出身の元プロサッカー選手、現サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。
選手時代のポジションはディフェンダーで、主に左サイドバックを担当。
またキャリア後期にはボランチやリベロでもプレーした。
清水東高校から早稲田大学を経て、1994年、鹿島アントラーズに入団。
不動の左サイドバックとしてチームの黄金時代に大きく貢献し、1998年のフランスW杯に出場するなど日本代表でも活躍した。
2000年天皇杯で左膝外側半月板損傷の重傷を負い、1年近くをリハビリに費やした。
2002年、東京ヴェルディ1969にレンタル移籍、2003年に鹿島に復帰後、2004年に当時J2の川崎フロンターレに完全移籍した。
川崎のJ1昇格に貢献した後、2005年シーズン終了をもって引退。
引退試合は2005年12月24日の天皇杯、対浦和レッドダイヤモンズ戦。
引退後はサッカー解説者として主にTBS系列やスカパー!の中継番組に出演。
また2006年からはJFAアンバサダーや川崎フロンターレクラブアシストパートナーとしても活動、新聞、雑誌等にも多数寄稿していた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

芸名相馬直樹 性別男性 生年月日1971/07/19 星座かに座 干支亥年 出身地静岡県 身長175cm 職種スポーツ プロフィール日本を初めてW杯に導いた左サイドバックの代名詞ともいわれた選手。日本代表時代は積極的なオーバーラップを武器に大活躍し、加茂・岡田・トルシエと3人の監督のもとでプレー。また頭脳派としても知られる。鹿島では不動のサイドバックとして、’95~’98年までJリーグベストイレブンに選ばれ、優勝に貢献するなど黄金時代を築いた。2005年、惜しまれながら現役を引退。その後はTBSやBS-iなどのテレビのスポーツコメンテーター、サッカー解説、各媒体へのコラム執筆、サッカー教室を中心に活躍。2010年、JFL町田ゼルビアの監督に就任した。 代表作品雑誌『J'sサッカー連載「相馬直樹Eyeson~Jで見たこと、感じたこと」』/雑誌『サッカークリニック連載「相馬直樹が語るサイドバックのスキル&戦術論」』 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • サッカー
  • 個人
  • 成績
  • 選手
  • クラブ
  • コーチ
  • タイトル
  • ディフェンダー
  • リベロ
  • 代表
  • 公認
  • 出場
  • 出演
  • 大会
  • 所属
  • 指導
  • 監督
  • 解説者
  • 試合
  • 関連
  • キャリア
  • バック
  • プレー
  • ボランチ
  • ポジション
  • ミッドフィールダー
  • 後期
  • 担当
  • 指導者
  • 時代