誕生日データベース

鳥羽一郎

演歌歌手[日本]

1952年 4月25日

鳥羽 一郎(とば いちろう、本名:木村 嘉平 - きむら よしひら、1952年4月25日 - )は、日本の演歌歌手である。
鳥羽音楽事務所所属。
血液型はB型。
身長170cm。
作曲家・船村徹門下出身。
門下生で作る「船村徹同門会」では会長を務める。
略歴・人物 三重県鳥羽市石鏡町出身。
父は漁師、母は海女という漁業一家に生まれた。
5年間、遠洋漁船の船員としてパナマやインド洋までマグロやカツオの捕獲に従事。
海が荒れれば命さえ落としかねない厳しい環境での心の慰めは、『別れの一本杉』『なみだ船』といった船村徹の作品だった。
一度は板前を志し、調理師免許も取得したが、実弟・山川豊の東京での活躍もあり、もともと抱いていた歌手への想いを断ち切れず27歳で上京。
かねてから憧れの存在であった船村に弟子入りし、3年間の修行生活を経て1982年、出身地に由来する芸名をつけて『兄弟船』で歌手デビュー。
デビュー時のキャッチフレーズは「潮の香りが似合う男」。
「海の男」という、それまで殆ど取り上げられなかった独自の路線を開拓して、その年の新人賞を総なめにする。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名鳥羽一郎 性別男性 生年月日1952/04/25 星座おうし座 干支辰年 出身地三重県 デビュー年1982 職種音楽 趣味・特技歌を聴くこと プロフィール漁業の盛んな町で漁師の父と海女の母の間に産まれる。荒波にもまれ潮風に鍛えられながら幼少時代を過ごす。少年時代には、両親の手伝いをしながら、自慢ののどを慣らし歌手への夢を描く。10代で心身を海で鍛えることを決意し、遠洋漁船の船員としてパナマやインド洋までマグロやカツオを追った。5年に及ぶ漁師生活では、「別れの一本杉」「なみだ船」など船村徹氏の作品を愛唱していた。その後、陸に戻り板前の修業をするが、歌手への思いは強くなり、歌手になるべく上京した弟・山川豊氏に触発され、27歳の時、カツオを片手に上京。憧れの船村徹氏の門を叩く。内弟子として3年間修行を積んだ後、出身地にちなんだ芸名が決まり、『兄弟船』でデビューを果たす。1985年、NHK紅白歌合戦に初出場。『下北漁港』『男の港』『北斗船』など、海をテーマにした曲がヒットし、実力派演歌歌手として注目される。1998年、『龍神』にてレコード大賞最優秀歌唱賞を受賞した。 デビュー作『兄弟船』(1982年) 代表作品『兄弟船』(1982) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 出場歴
  • 番組
  • 紅白歌合戦
  • 船村徹
  • チャリティー
  • テレビドラマ
  • バラエティ
  • 作品
  • 公演
  • 出演
  • 受賞
  • 山川豊
  • 映画
  • 歌碑
  • 活動
  • 舞台
  • 関連
  • 音楽
  • 会長
  • 作曲家
  • 出身
  • 同門
  • 実兄
  • 歌手
  • 演歌
  • 男性
  • 門下
  • 門下生