生年月日データベース

岩田靖夫

哲学者[日本]

1932年 4月25日 生 (満86歳)

岩田靖夫(いわた やすお、1932年4月25日 - 2015年1月28日)は、日本の哲学研究者、文化功労者。
東北大学・ 仙台白百合女子大学名誉教授。
古代ギリシャ哲学専攻。
東京生まれ。
東京大学文学部卒、1961年同大学院人文科学研究科博士課程満期退学。
東大教養学部助手、成城大学講師、北海道大学助教授、73年東北大学文学部助教授、77年教授、87年「アリストテレスの倫理思想」で東大文学博士。
96年東北大を定年退官、名誉教授、聖心女子大学教授、2001年仙台白百合女子大学教授、名誉教授。
2003年文化功労者。
2015年1月28日、肺炎のため死去。
82歳没。
叙正四位。
著書 『アリストテレスの倫理思想』 岩波書店 1985 『神の痕跡 ハイデガーとレヴィナス』 岩波書店 1990 『倫理の復権 ロールズ・ソクラテス・レヴィナス』 岩波書店 1994 『ソクラテス』 勁草書房 1995/ちくま学芸文庫(増補版) 2014 『神なき時代の神 キルケゴールとレヴィナス』 岩波書店 2001 『ヨーロッパ思想入門』 岩波ジュニア新書 2003 『よく生きる』 ちくま新書 2005 『三人の求道者 ソクラテス・一遍・レヴィナス』 創文社〈長崎純心レクチャーズ〉 2006 『いま哲学とはなにか』 岩波新書 2008 『アリストテレスの政治思想』 岩波書店 2010 『ギリシア哲学入門』 ちくま新書 2011  『ギリシア思想入門 = Introduction to Greek Thought』 東京大学出版会 2012 『人生と信仰についての覚え書き』 女子パウロ会 2013 『極限の事態と人間の生の意味 大災害の体験から』 筑摩選書 2015 共編著 『人間 その生と死』塚本啓祥共編 平楽寺書店, 1993 『西洋思想の源流 自由民の思想と虜囚民の思想』(編著) 放送大学, 1997 『概念と歴史がわかる西洋哲学小事典』木田元、生松敬三、伊東俊太郎共編 ちくま学芸文庫, 2011 翻訳 『アリストテレス全集 16  ……

■ 関連書籍

いわた-やすお 1932-2015昭和時代後期-平成時代の哲学者。昭和7年4月25日生まれ。北大助教授などをへて,昭和52年東北大教授。のち聖心女子大,仙台白百合女子大の教授。アリストテレス,プラトンなどの哲学を文献学的に研究,ギリシャ倫理思想の現代的意義をあきらかにした。またアメリカの倫理学者ロールズなども研究。平成15年文化功労者。平成27年1月28日死去。82歳。東京出身。東大卒。著作に「アリストテレスの倫理思想」「神の痕跡」「倫理の復権」「ソクラテス」など。 (引用元 コトバンク)

「岩田靖夫」と関連する人物

連想語句
  • 東北大学
  • 博士
  • 教授
  • 文学部
  • アリストテレス
  • ギリシャ
  • 仙台白百合女子大学
  • 共編
  • 助手
  • 北海道大学
  • 哲学
  • 学部
  • 成城大学
  • 教育
  • 教養
  • 文学
  • 東京
  • 東京大学
  • 東大
  • 翻訳
  • 著書
  • 講師
  • 退学
  • 人文
  • 倫理
  • 助教授
  • 古代
  • 名誉教授
  • 大学院
  • 専攻
  • 思想
  • 東北大
  • 満期
  • 科学
  • 課程