誕生日データベース

星野富弘

詩人画家[日本]

1946年 4月24日

星野富弘 - ウィキペディアより引用
星野 富弘(ほしの とみひろ、1946年4月24日 - )は、日本の詩人・画家。
プロフィール 1946年(昭和21年) - 群馬県勢多郡東村(現・みどり市)に生まれる。
1970年(昭和45年) - 群馬大学を卒業し、中学校の体育教師になるが、クラブ活動の指導中、頸髄を損傷、手足の自由を失う。
1972年(昭和47年) - 群馬大学病院入院中、口に筆をくわえて文や絵を書き始める。
1974年(昭和49年) - 病室でキリスト教の洗礼を受ける。
1979年(昭和54年) - 入院中、前橋で最初の作品展を開く。
9月に退院し帰郷。
1981年(昭和56年) - 結婚。
雑誌や新聞に詩画作品やエッセイを連載。
1982年(昭和57年) - 高崎で「花の詩画展」開催。
以後、全国各地で開かれる詩画展は、大きな感動を呼び現在も続いている。
1991年(平成3年) - 群馬県勢多郡東村に村立富弘美術館開館。
ブラジル各都市で「花の詩画展」を開催。
1994年(平成6年) - ニューヨークで「花の詩画展」。
2000年(平成12年) - ハワイで2度目の「花の詩画展」。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「星野富弘」と関連する人物

連想語句
  • プロフィール
  • 群馬大学
  • 勢多郡
  • 群馬県
  • みどり市
  • キリスト教
  • クラブ活動
  • 体育
  • 入院
  • 公務
  • 損傷
  • 東村
  • 洗礼
  • 災害
  • 美術館
  • 著作
  • 関連
  • 頸髄
  • 中学校
  • 事故
  • 作品
  • 前橋
  • 卒業
  • 墜落
  • 帰郷
  • 手足
  • 指導
  • 教員
  • 教師
  • 最初
  • 病室
  • 病院
  • 自由
  • 退院