誕生日データベース

ウィレム・デ・クーニングWillem de Kooning

画家[オランダ]

1904年 4月24日

ウィレム・デ・クーニング(Willem de Kooning, 1904年4月24日 - 1997年3月19日)は、20世紀のオランダ出身の画家。
主にアメリカで活動した。
抽象表現主義の画家で、具象とも抽象ともつかない表現と激しい筆触が特色である。
デ・クーニングは、ジャクソン・ポロックと並ぶ「アクション・ペインティング」の代表的作家であり、抽象表現主義の創始者の一人として、20世紀美術史の上に重要な位置を占める。
経歴・活動 1904年、オランダのロッテルダムに生まれた。
青年期は商業美術の会社で働くかたわら、ロッテルダム美術工業学校の夜学で学んだ。
オランダ時代にはモンドリアンらの「デ・ステイル」運動に接している。
1926年渡米。
以後、アメリカで活動する。
1927年頃、アルメニアから来た画家、アーシル・ゴーキーと知り合い、影響を受けた。
デ・クーニングは、1930年代半ばまでは、商業美術の仕事で生計を立てていた。
また、ポロック、マーク・ロスコら他の抽象画家たちとともに、WPA(公共事業促進局)の連邦美術計画の仕事にも携わった。

■ 関連書籍

「ウィレム・デ・クーニング」と関連する人物

連想語句
  • 抽象
  • 活動
  • 画家
  • ポロック
  • 美術
  • 表現
  • アメリカ
  • ジャクソン
  • ロッテルダム
  • 主義
  • アクション
  • アルメニア
  • アーシル
  • オランダ
  • クーニング
  • ゴーキー
  • ステイル
  • ペインティング
  • マーク
  • モンドリアン
  • ロスコ
  • 促進
  • 公共事業
  • 商業
  • かたわら
  • ピエト
  • 一人
  • 仕事
  • 以後
  • 会社
  • 位置
  • 作家
  • 具象
  • 創始者
  • 半ば
  • 合衆国
  • 夜学
  • 学校
  • 工業
  • 影響
  • 時代
  • 渡米
  • 特色
  • 生計
  • 筆触
  • 運動
  • 邦美
  • 重要
  • 青年期