誕生日データベース

千葉真子ちばまさこ

マラソン選手[日本]

1976年 7月18日

千葉 真子(ちば まさこ、本名・桜川真子。
1976年7月18日 - )は、日本の元女性陸上競技(長距離走・マラソン)選手で、1990年代中盤 - 2000年代中盤に活躍した。
京都府宇治市出身。
愛称は「千葉ちゃん」。
現在の活動は陸上指導者・スポーツコメンテーター・タレントなど。
スポーツビズ所属。
既婚・2児の母。
1996年のアトランタオリンピック・陸上女子10000mでは5位入賞を果たす。
世界陸上選手権大会では、女子10000mと女子マラソンにて世界で初めて異種目複数メダル獲得という前人未到の快挙を成し遂げた選手である。
1997年世界陸上アテネ大会:女子10000m 3位(銅メダル獲得) IAAFグランプリファイナル:5000m 出場 2003年世界陸上パリ大会:女子マラソン 3位(銅メダル獲得) 世界陸上選手権での複数回メダル獲得は、2009年現在で千葉のほかにハンマー投の室伏広治、400mハードルの為末大、マラソンの土佐礼子がいる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

芸名千葉真子 性別女性 生年月日1976/07/18 星座かに座 干支辰年 血液型A 出身地京都府 身長156cm ブログタイトルBESTSMILE ブログURLhttp://ameblo.jp/chiba-masako 職種スポーツ/話す仕事 資格・免許ジュニアアスリートフードマイスター/フーレセラピスト/SCベビーヨガインストラクター プロフィール1976年京都府宇治市生まれ。立命館宇治高等学校から旭化成に入社し、96年アトランタオリンピック1万メートルで5位入賞、97年アテネ世界選手権1万メートルでトラック初となる銅メダルを獲得するなど、日本女子長距離界のトップ選手として国際舞台で活躍。旭化成退社後は豊田自動織機に所属。佐倉アスリート倶楽部小出義雄氏の指導を受け、03年パリ世界選手権マラソンで銅メダルに輝き、トラック、マラソン両種目のメダルを手にした。05年2月からは、競技人生の集大成として自らの考えと計画のもとでマラソンに挑戦。06年8月27日「2006北海道マラソン」を最後に第一線から退く決意を表明。現在は“スポーツで世の中を元気にしたい”という目標をかかげ、ゲストランナーとしてマラソン大会に出演する他、講演会、メディアなどで活動。また、2010年に「千葉真子BESTSMILEランニングクラブ」を立ち上げ、市民ランナーの指導や普及活動も積極的に行っている。2011年に結婚、翌年には出産を経験し、現在1児の母。 代表作品TBS『全日本実業団対抗女子駅伝』/本『ベストスマイル』/文化放送『千葉真子BESTSMILEランニングクラブ』レギュラー (引用元 コトバンク)

連想語句
  • タレント
  • マラソン
  • 成績
  • 番組
  • 宇治市
  • 活動
  • 選手
  • 陸上
  • コメンテーター
  • スポーツ
  • スポーツビズ
  • テレビ
  • データ
  • ラジオ
  • 中盤
  • 京都府
  • 出演
  • 基本
  • 大使
  • 指導者
  • 既婚
  • 著書
  • 観光
  • 関連
  • 出身
  • 千葉
  • 就任
  • 愛称
  • 所属
  • 活躍
  • 現在