誕生日データベース

フィービー・ケイツPhoebe Cates

女優[アメリカ]

1963年 7月16日

フィービー・ケイツ - ウィキペディアより引用

フィービー・ケイツ(Phoebe Cates , 1963年7月16日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身の女優。
ただし、現在は主婦業に専念しており、女優業はしていない。
来歴・人物 本名はフィービー・ベル・キャッツ(Phoebe Belle Katz)、結婚後はフィービー・ケイツ・クライン(Phoebe Cates Kline)。
父親と母方の祖母はロシア系ユダヤ人、母方の祖父は中国系フィリピン人。
実父のジョーゼフ・ケイツ(Joseph Cates、1924年8月10日 - 1998年10月10日)と叔父のギルバート・ケイツ(Gilbert Cates、1934年6月6日 - )は映画監督.。
1980年代に世界中でブルック・シールズと人気を二分する程の活躍をしたアイドル女優。
日本においても、CM等に出演して活躍した。
1982年に出演した『パラダイス』『初体験/リッジモント・ハイ』では、ヌードシーンを披露し人気を不動のものとした。
なお、この作品で共演したジェニファー・ジェイソン・リーは親友。
プライベート 1989年にアメリカの俳優ケヴィン・クラインと結婚し、二児の母となる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

Phoebe Cates、映画女優、(1963-) 1963年7月16日、アメリカ/ニューヨーク州ニューヨーク生まれ 80年代初頭にアイドル的人気を博したアメリカの女優。 本名はPhoebe Belle Katz。幼少時からジュリアードでバレリーナを目指すも、足の怪我で断念する。14歳のときにモデルとしてスカウトされ、1982年にヌードを披露した(一部ボディダブルあり)『パラダイス』で映画デビュー。その後も『初体験 リッジモント・ハイ』、『プライベイトスクール』とお色気路線を進み、ブルネットの髪、あどけなさの残る顔とボリュームのある身体、脱ぎっぷりの良さで、日本では『スクリーン』や『ロードショー』といったティーン向け映画雑誌で人気を博す。実際、本国よりも日本での人気の方が遥かに高かったようだ。 1983年の『再会の時』オーディションでケビン・クラインと知り合い、結婚。以降は育児に専念しているらしく、映画界からは遠ざかってしまった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 映画
  • ケイツ
  • サウンド
  • ドラマ
  • フィリピン人
  • フィービー
  • プライベート
  • ユダヤ人
  • ロシア
  • 中国
  • 主婦
  • 作品
  • 出演
  • 女優
  • 母方
  • 監督
  • 関連
  • キャッツ
  • ギルバート
  • クライン
  • ジョーゼフ
  • ベル
  • 叔父
  • 実父
  • 専念
  • 本名
  • 父親
  • 現在
  • 祖母
  • 祖父
  • 結婚