生年月日データベース

深田祐介ふかだゆうすけ

作家[日本]

1931年 7月15日

2014年 7月14日 死去肺炎享年84歳

深田 祐介(ふかだ ゆうすけ、本名:雄輔 1931年7月15日 - 2014年7月14日)は、日本の作家。
1982年に『炎熱商人』で第87回直木賞を受賞した。
生い立ち 東京市(現東京都千代田区)生まれ。
曾祖父は江戸城の奥に出入りした御用商人だった。
祖父は日本橋に深田銀行を設立したが、不況で東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)に吸収された。
父は入サ証券を起こすが、やはり後に丸三証券に買収された。
自宅のある千代田区内にあるフランス系カトリック校の暁星高等学校を経て、早稲田大学法学部に入学、在学中から堀辰雄に傾倒し、曽野綾子らとともに同人誌『ラマンチャ』に参加した。
サラリーマン作家 大学卒業後は観光会社や外国航空会社など、会社を転々としながら執筆を続け、小説『空港』が群像新人文学賞候補となったのに続き、1958年小説『あざやかなひとびと』で、第7回文學界新人賞を受賞した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

作家、評論家。 1931年(昭和6年)7月15日、生まれ。東京出身。 1955年(昭和30年)、早稲田大学法学部卒。日本航空入社。以後、海外駐在員、広報室次長を経験。 1975年(昭和50年)、『新西洋事情』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。 1982年(昭和57年)、『炎熱商人』で直木賞を受賞。 1983年(昭和58年)、日本航空を退社し、作家生活に入る。 2014年(平成26年)7月14日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サラリーマン
  • スチュワーデス
  • プロ野球
  • 作家
  • 共編
  • 出典
  • 晩年
  • 物語
  • 翻訳
  • 著書
  • 退社
  • 関連
  • 受賞
  • 商人
  • 炎熱
  • 直木三十五
  • 直木賞