誕生日データベース

水木かおるみずきかおる

作詞家[日本]

1926年 7月14日

水木 かおる(みずき かおる、本名:奥村聖二、1926年〈大正15年〉7月14日 - 1998年〈平成10年〉7月4日)は、東京府豊多摩郡(現東京都中野区)出身の作詞家。
旧制二松學舍専門学校卒業。
1959年(昭和34年)、戦後しばらく歌の制作を中止していたポリドールが流行歌制作を再開した際、専属作詞家となり、西田佐知子「アカシアの雨がやむとき」で作詞家デビューする。
その後も、「霧笛が俺を呼んでいる」、「エリカの花散るとき」、「赤い風船」、「くちなしの花」、「みちづれ」、「二輪草」などを作詞する。
特に1978年発表の「みちづれ」(牧村三枝子)、晩年に制作した「二輪草」(川中美幸)は、共に売り上げ100万枚以上を記録する大ヒットとなった。
1998年(平成10年)7月4日、心筋梗塞で死去した。
享年71。
主な作品 赤木圭一郎 「霧笛が俺を呼んでいる」 大川栄策 「わかれ港町」 加藤登紀子 「赤い風船」 川中美幸 「北山しぐれ」「二輪草」「君影草〜すずらん〜」 小林幸子 「夫婦しぐれ」 里見浩太朗 「再会物語」 西田佐知子 「アカシアの雨がやむとき」「エリカの花散るとき」「東京ブルース」「博多ブルース」「裏町酒場」 はやせひとみ 「花燃え」 原大輔 「晩秋」 牧村三枝子 「みちづれ」「夫婦きどり」「あなたの妻と呼ばれたい」「男ごころ」「樹氷の宿」「冬支度」「夾竹桃」「おんなみれん」「友禅流し」「宝生寺」 岬英二 「すまなかったね」 八代亜紀 「港町純情」 山下ひろみ 「あいつの待ってる港町」 米倉ますみ 「佐渡情話」 渡哲也 「くちなしの花」「わかれ花」「あじさいの雨」「あいつ」「みちづれ」「水割り」「ひとり」「おもいで蛍」「酒は男の子守唄」 渡哲也&多岐川裕美 「めぐり逢い しのび逢い」 校歌 二松學舍大学附属沼南高等学校 脚注 ==。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 作品
  • 作詞家
  • 制作
  • とき
  • みちづれ
  • ポリドール
  • 中野区
  • 二松學舍
  • 二輪草
  • 多摩
  • 川中美幸
  • 心筋梗塞
  • 東京都
  • 校歌
  • 牧村三枝子
  • 西田佐知子
  • くちなし
  • しばらく
  • アカシア
  • エリカ
  • デビュー
  • ヒット
  • レコード
  • 中止
  • 享年
  • 作詞
  • 再開
  • 出身
  • 卒業
  • 大学
  • 学校
  • 専属
  • 専門
  • 平成
  • 戦後
  • 旧制
  • 昭和
  • 晩年
  • 死去
  • 流行歌
  • 発表
  • 記録
  • 霧笛
  • 風船