生年月日データベース

前田常作まえだじょうさく

画家[日本]

1926年 7月14日 生 (満92歳)

前田 常作(まえだ じょうさく、1926年7月14日 - 2007年10月13日)は、日本の画家。
1926年、富山県下新川郡椚山村(現在の入善町)に生まれる。
一度、富山師範学校本科卒業後、武蔵野美術学校に入学する。
1953年、武蔵野美術学校を卒業。
1955年東京のタケミヤ画廊にて初の個展を開催する。
1957年、第1回国際青年美術家展で大賞を受賞する。
翌年奨学金を得てフランスに留学。
1959年第1回パリ、青年美術家展に出品、イタリアでも個展を開く。
1961年、第6回日本国際美術展で東京国立近代美術館賞を受賞する。
1971年、第2回インドトリエンナーレに出品。
1979年から日本の全国各地で巡回個展を開催し、京都市立芸術大学教授に就任。
そして、第11回日本芸術大賞を受賞する。
1983年に武蔵野美術大学教授。
1989年、仏教伝道文化賞を受賞。
1992年、紫綬褒章を受章し、翌年安田火災東郷青児美術館大賞を受賞する。
1995年、富山県入善町名誉町民に選ばれた。
2000年勲三等瑞宝章受章、武蔵野美術大学の理事長に就任。

■ 関連書籍

まえだ-じょうさく 1926-2007昭和後期-平成時代の洋画家。大正15年7月14日生まれ。昭和32年国際青年美術家展で「夜」が大賞受賞。33年フランスに留学。「マンダラ」シリーズの制作をはじめる。38年日本国際美術展で優秀賞。54年日本芸術大賞。母校の武蔵野美大教授をつとめ,平成6年学長。平成19年10月13日死去。81歳。富山県出身。作品に「須弥山」「観想曼荼羅図」など。 (引用元 コトバンク)

「前田常作」と関連する人物

連想語句
  • 学校
  • 美術
  • 国際
  • 美術家
  • 青年
  • 個展
  • 東京
  • 武蔵野
  • イタリア
  • インド
  • トリエンナーレ
  • フランス
  • 下新川郡
  • 京都市立芸術大学
  • 入善町
  • 出品
  • 卒業
  • 受賞
  • 国立
  • 富山
  • 富山県
  • 師範
  • 美術館
  • 近代
  • 開催
  • タケミヤ
  • パリ
  • 一度
  • 入学
  • 全国
  • 各地
  • 大賞
  • 奨学金
  • 山村
  • 巡回
  • 教授
  • 日本
  • 本科
  • 現在
  • 画廊
  • 留学
  • 翌年