誕生日データベース

橋口亮輔ひぐちりょうすけ

映画監督[日本]

1962年 7月13日

橋口 亮輔(はしぐち りょうすけ、1962年7月13日 - )は、日本の映画監督、脚本家。
長崎県出身。
大阪芸術大学映像計画学科中退。
高校1年生の頃から自主制作で映画を撮り始める。
大阪芸術大学を経て1985年に映画監督・脚本家として活動を始める。
1986年『ヒュルル…1985』、1989年『夕辺の秘密』がぴあフィルムフェスティバルに入選。
『夕辺の秘密』はPFFアワードグランプリを受賞するなど高く評価される。
その後テレビ局でアシスタントディレクターの活動を経て、1992年にPFFスカラシップを得て映画撮影を再開。
1993年に、第一回監督作となる第6回PFFスカラシップ作品『二十才の微熱』を発表。
この頃、自身がゲイであることを公表する。
その後、1995年には『渚のシンドバッド』がロッテルダム国際映画祭でグランプリを受賞し、国内でも毎日映画コンクール最優秀脚本賞を受賞。
2001年の『ハッシュ!』では第54回カンヌ国際映画祭において監督週間部門正式招待作品となり、高く評価された。

■ 映像作品

■ 関連書籍

映画監督。 1962年7月13日長崎県生まれ。 同性愛がテーマ。 「二十才の微熱」(1992)、「渚のシンドバッド」(1995)、「ハッシュ!」(2001)など。 小説、エッセイ集の執筆の他、舞台、テレビ、映画の脚本も多く手掛ける。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 映画
  • 大阪芸術大学
  • 秘密
  • ぴあ
  • アワード
  • テレビ
  • フィルム
  • フィルモグラフィー
  • フェスティバル
  • 受賞歴
  • 書籍
  • 短編
  • 長崎県
  • 長編
  • アシスタント
  • グランプリ
  • テレビ局
  • ディ
  • ヒュルル
  • 中退
  • 入選
  • 出身
  • 制作
  • 受賞
  • 学科
  • 映像
  • 活動
  • 監督
  • 脚本家
  • 自主
  • 計画
  • 評価
  • 高校