生年月日データベース

木村大作きむらだいさく

撮影技師、映画監督[日本]

1939年 7月13日

木村 大作(きむら だいさく、1939年7月13日 - )は、日本の撮影技師、映画監督。
東京都出身。
自分の師匠は撮影助手として付いていた宮川一夫や斉藤孝雄ではなく黒澤明だとしており、その影響を強く受けたことを自認している。
黒澤からも、そのピント合わせのうまさから一目置かれており、本人から「撮影助手で名前を憶えているのは大ちゃんくらいだ」と言われた事もあるという。
黒澤は『用心棒』で犬が人の手首をくわえて歩いて来るカットをビデオで見るたびに、周りの人間に必ず「これ、ピント合わせてるの、大ちゃんだよ。
うまいね」と言っていたというエピソードもある(特になんでもない場面のように見えるが、ピントの合う範囲が狭い望遠レンズを使用しているにも拘らず、カメラの方に向かって歩いて来る犬をぼけることなく完璧に撮影している)。
また黒澤は、木村が一本立ちして東宝を離れてからも、自分の現場でピント合わせで手こずるような事があると「木村大作を呼んで来い。
こんなのあいつなら、一発だよ」と冗談交じりに言ったとも言う。
『用心棒』で助手として付いていた宮川一夫からも「日本一のフォーカスマン(撮影助手)」と激賞されていることからもわかるように、ピント合わせにおいては、木村は超一流である。

■ 映像作品

■ 関連書籍

きむら-だいさく 1939-昭和後期-平成時代の映画撮影監督。昭和14年7月13日生まれ。昭和33年東宝撮影部に入社し,斎藤孝雄(黒沢明組),村井博(岡本喜八組)にカメラ助手として師事。48年「野獣狩り」(須川栄三監督)で撮影監督デビュー。「復活の日」「駅STATION」「海峡」「夜叉」「火宅の人」「夜汽車」などで日本アカデミー賞優秀撮影賞を受賞。平成22年,初監督作品の「劔岳点の記」で日本アカデミー賞最優秀監督賞・最優秀撮影賞,キネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞などを受賞。東京都出身。蔵前工高卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 撮影
  • 優秀
  • 監督
  • 日本
  • 出演
  • 映画
  • 脚本
  • アカデミー賞
  • ブルー
  • リボン
  • 作品
  • 冒険
  • 大作
  • 技師
  • 木村
  • ――
  • きむら
  • だいさく
  • テレビ
  • 劔岳
  • 受賞
  • 技術
  • 新人
  • 春夏秋冬
  • 標高
  • 激闘