生年月日データベース

鈴木大介

将棋棋士[日本]

1974年 7月11日

鈴木 大介(すずき だいすけ、1974年7月11日 - )は、将棋棋士。
棋士番号213。
東京都町田市出身。
大内延介門下。
戦績 1994年、プロデビュー(四段)。
竜王戦で初参加から5期連続昇級して、一気に1組入りをする。
1996年、早指し新鋭戦の決勝で、阿部隆を下して優勝。
これが棋戦初優勝。
1999年度の第12期竜王戦で藤井猛竜王に挑戦(タイトル初挑戦)。
挑戦を決めた時のインタビューで、「全振り飛車宣言」(=七番勝負の全局で飛車を振るという意味)をする。
振り飛車党同士の対決となり、「相振り飛車のシリーズになる」という予想をされたりしたが、藤井は全局で居飛車を採用した(藤井は振り飛車党相手には居飛車を採用することもある。
)。
対居飛車穴熊のスペシャリストの居飛車穴熊に鈴木は1勝4敗で屈し、タイトル獲得はならなかった。
しかし、同年度のNHK杯戦においては、決勝で郷田真隆を破って優勝。
これが、全棋士参加棋戦での初優勝となる。
なお、この決勝の放送の冒頭で行われたインタビューで、「序盤で作戦負けして、逆転して勝つ」と述べたが、実際にそのとおりの展開で勝利し、解説者として出演していた二上達也日本将棋連盟会長(当時)を驚かせた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    武満徹 ギター作品集成
    歌手
    発売元
    フォンテック
    発売日
    2005年4月21日
    新品価格
    ¥ 1,458 より
    中古商品
    ¥ 1,188 より
  • タイトル
    キネマ楽園4 The Fantasy of Nino Rota
    歌手
    発売元
    ベルウッドレコード
    発売日
    2011年3月09日
    新品価格
    ¥ 2,537 より
    中古商品
    ¥ 8,100 より
  • タイトル
    大聖堂/追憶のショーロ バリオス名曲集I
    歌手
    発売元
    ベルウッドレコード
    発売日
    2010年8月25日
    新品価格
    ¥ 3,061 より
    中古商品
    ¥ 1,780 より
  • タイトル
    キネマ楽園V travels
    歌手
    発売元
    ベルウッドレコード
    発売日
    2013年7月17日
    新品価格
    ¥ 2,778 より
    中古商品
    ¥ 2,475 より
  • タイトル
    Sweet Bossa-Bleezing Guitar
    歌手
    発売元
    ベルウッドレコード
    発売日
    2003年3月05日
    新品価格
    ¥ 2,303 より
    中古商品
    ¥ 1,685 より
  • タイトル
    森に夢見る~大聖堂~バリオス練習曲集
    歌手
    発売元
    ベルウッドレコード
    発売日
    2017年7月12日
    新品価格
    ¥ 2,790 より
    中古商品
    ¥ 5,604 より
  • タイトル
    武満徹 没後20年記念 森のなかで
    歌手
    発売元
    ベルウッドレコード
    発売日
    2016年9月14日
    新品価格
    ¥ 2,790 より
    中古商品
    ¥ 5,446 より
  • タイトル
    キネマ楽園
    歌手
    発売元
    ベルウッドレコード
    発売日
    2007年8月01日
    新品価格
    ¥ 2,771 より
    中古商品
    ¥ 1,926 より
  • タイトル
    キネマ楽園VI Baroque
    歌手
    発売元
    ベルウッドレコード
    発売日
    2014年9月24日
    新品価格
    ¥ 2,945 より
    中古商品
    ¥ 9,500 より
  • タイトル
    おいしい水 Agua de Beber
    歌手
    TheDUO
    発売元
    SPACE SHOWER MUSIC
    発売日
    2012年8月08日
    新品価格
    ¥ 2,581 より
    中古商品
    ¥ 1,480 より

将棋棋士。八段。 現在、竜王戦2組、順位戦はA級に所属。 柴田ヨクサル氏の漫画【ハチワンダイバー】の将棋監修を担当しており、そのビジュアルは、主人公菅田の師匠にそっくりである。 1974年生まれ。東京都出身。 1986年、6級で大内延介九段に入門。 1994年10月に、四段となりプロ入り。 2003年4月、八段。   NHK杯戦(1999年度)、早指し新鋭戦(1996年度)での優勝経験がある。 タイトル戦登場は第12期竜王戦(1999年度、対藤井猛竜王)、第77期棋聖戦(2006年度、対佐藤康光棋聖)の2度。それぞれ1勝4敗、0勝3敗でタイトル獲得はならなかった。   ちなみに名前の「大介」は将棋ファンの父親が、大内延介九段の「大」と「介」の字から取って名づけたそうだ。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 戦績
  • クラス
  • タイトル
  • 一般
  • 交友
  • 優勝
  • 在籍
  • 大内延介
  • 大賞
  • 将棋
  • 履歴
  • 弟子
  • 成績
  • 挑戦
  • 昇段
  • 東京都
  • 棋戦
  • 棋風
  • 町田市
  • 竜王
  • 著書
  • 関係
  • 関連
  • プロデビュー
  • 出身
  • 初参加
  • 昇級
  • 連続
  • 門下