生年月日データベース

三浦建太郎

漫画[日本]

1966年 7月11日

三浦 建太郎(みうら けんたろう、1966年7月11日 - )は、日本の漫画家。
千葉県出身、日本大学藝術学部美術学科卒。
代表作はダーク・ファンタジー作品の『ベルセルク』。
日芸入学後、少年マガジン第34回新人漫画賞入選作となった『再び』(『週刊少年マガジン』掲載)、及び『NOA』(『フレッシュマガジン』掲載)で商業誌デビューを果たす。
漫画家の技来静也、森恒二は高校の同級生であり、森とは大学も同じ学科である。
1988年、大学在学中にプロトタイプの短編『ベルセルク』を『コミコミ』11月号に投稿し(単行本14巻に収録)、翌年の卒業後に本格的に漫画家として活動を始める。
『月刊アニマルハウス』(『ヤングアニマル』の前身)で武論尊原作の『王狼』『王狼伝』『ジャパン』を、並行して『ベルセルク』を連載開始した。
1992年以降は『ベルセルク』一本にしぼり、『ヤングアニマル』に不定期連載中である。
物語締結の見通しはたっておらず、自身でも「死ぬまでに頭の中の全てを出せるのか」と語っている。
両親は共にデザイナーであり、高校時代から漫画を描き続けていた三浦に対して理解を示していたとのことである。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • マガジン
  • アシスタント
  • ベルセルク
  • 作品
  • 少年
  • 漫画家
  • ジョージ
  • 大学
  • 学科
  • 学部
  • 技来静也
  • 掲載
  • 日本大学
  • 森川
  • 森恒二
  • 漫画
  • 藝術
  • 週刊
  • 関連
  • アニ
  • アニマルハウス
  • コミコミ
  • ダーク
  • デビュー
  • ファンタジー
  • フレッシュ
  • プロトタイプ
  • ヤング
  • 代表作
  • 入学
  • 入選作
  • 判断
  • 卒業
  • 単行本
  • 収録
  • 同級
  • 商業
  • 在学
  • 実力
  • 投稿
  • 新人
  • 日芸
  • 月刊
  • 活動
  • 短編
  • 美術
  • 翌年
  • 高校