誕生日データベース

斎藤洋介さいとうようすけ

俳優[日本]

1951年 7月11日

『斉藤洋介』より : 斎藤 洋介(さいとう ようすけ、本名;斉藤 洋介、1951年7月11日 - ) は、日本の俳優。
愛知県名古屋市出身。
千葉県松戸市在住。
才賀京子事務所を経てアクトレインクラブ所属。
名古屋学院高等学校(現名古屋高等学校)、明治大学卒業。
左利き。
息子は斉藤悠。
来歴・人物 面長が特徴で、しばしば「モアイ顔」「魔法使い」と評される。
学生時代のあだ名は「台湾バナナ」。
高校時代は応援部に所属。
大学時代は落語研究会に所属、三宅裕司と出会い、卒業後に劇団SETを立ち上げ、名付け親となるが、1979年頃に退団。
テレビドラマ初出演は『男たちの旅路』。
初出演ながら重厚な演技を見せ、古尾谷雅人らとともに注目を集める。
これ以降、ドラマの重要な脇役として活躍。
温厚そうな顔付きだが、善人から悪人まで様々なキャラクターを演じる。
初レギュラーは『1年B組新八先生』の美術教師・田中洋介先生役。
生徒と敵対するが虐げられて、徐々に打ち解けていく新任教師を好演して認知される(翌年の『2年B組仙八先生』でも同役で出演)。

■ 映像作品

芸名斎藤洋介 性別男性 生年月日1951/07/11 星座かに座 干支卯年 出身地愛知県 身長170cm 体重55kg デビュー年1980 靴のサイズ25.5cm 職種タレント・俳優・女優 資格・免許普通自動車 プロフィール愛知県出身。映画『ヒポクラテスたち』にてデビュー後、多数の映画・テレビドラマに出演。主な出演作品に、映画『セーラー服と機関銃』『男はつらいよ』『半落ち』、NHK『功名が辻』『新・半七捕物帳』、TBS『ドラゴン桜』、フジテレビ『走れ公務員』など。また、バラエティでも人気があり、フジテレビ『笑っていいとも』『SMAP×SMAP』などにも出演。 代表作品テレビ朝日『点と線』(2007)/舞台『十二人の怒れる男』(2009)/NHK『大河ドラマ「龍馬伝」』(小栗忠順役)(2010) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 名古屋
  • 大学
  • 学校
  • 時代
  • 高等
  • アクト
  • オリジナル
  • クラブ
  • テレビドラマ
  • バラエティ
  • ビデオ
  • モアイ
  • レイン
  • 出典
  • 出演
  • 千葉県
  • 学院
  • 所属
  • 斉藤悠
  • 明治
  • 映画
  • 松戸市
  • 舞台
  • あだ名
  • バナナ
  • 中学校
  • 事務所
  • 京子
  • 出身
  • 卒業
  • 台湾
  • 名古屋市
  • 在住
  • 学生
  • 応援
  • 息子
  • 才賀
  • 面長
  • 高校
  • 魔法使い