誕生日データベース

沢田雅美

女優[日本]

1949年 7月11日

沢田 雅美(さわだ まさみ、1949年7月11日 - )は、日本の女優。
所属事務所はアクトレインクラブ。
来歴・人物 神奈川県出身で、十代半ばの1964年に『ただいま11人』で女優デビュー、以後多くの青春ドラマに出演。
特に1967年放送の『渥美清の泣いてたまるか』の先生シリーズでは生徒役で、渥美とのからみは絶妙であった。
『肝っ玉かあさん』、『ありがとう』など主に石井ふく子プロデューサーが手掛けたホームドラマの名バイプレーヤーで活躍し「石井ファミリー」の一員であり、特に山岡久乃や京塚昌子にはデビュー当時からとても可愛がられていたそうで、沢田も二人の事を母親の様に慕っていて大好きだったと『徹子の部屋』ゲスト時に語っている。
1990年10月からスタートした『渡る世間は鬼ばかり』では主人公岡倉大吉(藤岡琢也→宇津井健)の次女・五月(泉ピン子)の嫁ぎ先・中華「幸楽」の小姑・山下久子役でレギュラー出演。
そのイビリぶりの熱演が評判をよんだが、1994年3月、突然降板し表舞台から姿を消した。
交際相手と、師・恩人である石井との確執などいろいろと憶測が飛び交った(他の石井ファミリーからは、雑誌などで批判された)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

女優。 1949年7月11日、生まれ。 神奈川県出身。 1964年、「ただいま11人」で女優デビュー。 1990年10月からスタートした『渡る世間は鬼ばかり』では主人公岡倉大吉(藤岡琢也→宇津井健)の次女・五月(泉ピン子)の嫁ぎ先・幸楽の意地悪な小姑・久子役でレギュラー出演。 2011年12月12日の徹子の部屋出演時に、60歳を過ぎた時から突然声の調子や指が痛くなってきてしまい震えがとまらなくなるなど悩んでいたが、その他にもバセドウ病に片目だけがなってしまったと初告白をし、治療写真を番組内で公開した。 2013年には長年に渡り所属していたさち子プロからアクトレインクラブへ所属事務所を移籍。4月3日には極秘で胃がんの手術を受けていたことが分かった。3月14日に夫の勧めで検査をしてがんが見つかり胃の3分の2を摘出して、手術の翌日には集中治療室から病室へ移ってからはリハビリ練習を行えるほどに回復。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 出演
  • 渥美清
  • 高等
  • お母さん
  • ただいま
  • アクト
  • クラブ
  • テレビドラマ
  • デビュー
  • レイン
  • 京塚昌子
  • 山岡久乃
  • 番組
  • 石井ふく子
  • 鎌倉女子大学
  • 関連
  • カラミ
  • ファミリー
  • プロデュース
  • 一員
  • 中退
  • 京塚
  • 京浜
  • 作品
  • 半ば
  • 女子
  • 学校
  • 山岡
  • 常連
  • 当時
  • 放送
  • 既婚
  • 渥美
  • 短期大学
  • 石井
  • 系列
  • 若手
  • 附属