誕生日データベース

バルディエール・バドゥ・ビエイラValdeir “Badu” Vieira

サッカー監督[ブラジル]

1944年 7月11日

ヴァルデイル・バドゥ・ヴィエイラ(ポルトガル語: Valdeir Badú Vieira, 1944年7月11日 - )は、ブラジル・サンパウロ州出身の元サッカー選手、サッカー指導者。
ブラジル・サンパウロ州の出身。
現役時代はセントラル・エスパニョールFCなどでプレー。
引退後、1970年後半にドイツ体育大学ケルンで祖母井秀隆などと共に指導理論を学んだ。
1997年、イラン代表を率いて1998 FIFAワールドカップ・アジア予選を戦い、アジア第3代表決定戦で日本代表に敗れたが、AFC-OFCプレーオフでオーストラリア代表に勝利して、イラン代表をW杯出場に導いた。
2001年7月からクウェート・プレミアリーグのアル・アラビ・クウェートの監督に就任。
2001-2002シーズン優勝に導く。
2002-2003シーズン終了後に退団したが、2005年11月から再び指揮を取り、2006年のエミールカップを獲得(クラブとしては前年に続き2連覇)。

Valdeir Badú Vieira ブラジルの元サッカー選手、サッカー指導者。 1944年7月11日生まれ。サンパウロ州出身。 愛称および京都サンガF.C.での登録名はバドゥ。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サッカー
  • サンパウロ
  • ブラジル
  • 指導
  • 指導者
  • イラン
  • エスパニョール
  • クラブ
  • ケルン
  • セントラル
  • タイトル
  • ドイツ
  • 代表
  • 体育
  • 出身
  • 大学
  • 所属
  • 祖母井秀隆
  • 選手
  • プレー
  • ワールドカップ
  • 引退
  • 後半
  • 時代
  • 現役
  • 理論