生年月日データベース

エズラ・ヴォーゲルEzra Feivel Vogel

社会学者[アメリカ]

1930年 7月11日 生 (満88歳)

エズラ・ヴォーゲル - ウィキペディアより引用

エズラ・ファイヴェル・ヴォーゲル(Ezra Feivel Vogel、1930年7月11日 - )は、アメリカ合衆国の社会学者。
中国と日本を筆頭に東アジア関係の研究に従事した。
中国名:傅高義(フーカオイー)。
息子はカリフォルニア大学バークレー校教授のスティーヴン・ヴォーゲル。
クリスチーナ・アメージャン一橋大教授は教え子。
オハイオ州デラウェアでアシュケナジム・ユダヤ系の家庭に生まれる。
1950年にオハイオ・ウェスリアン大学を卒業。
アメリカ陸軍に2年間勤務したのち、大学に入り直す。
1958年にハーバード大学社会関係学科で博士号を取得。
1960年にイェール大学精神医学部助教授になるものの、翌1961年にハーバード大学に移り、博士研究員として中国の歴史の研究に従事する。
1964年からハーバード大学講師(中国研究)、1967年にハーバード大学教授(社会学)になる。
同大学内で、1972年から1977年まで東アジア研究所長、1977年から1980年まで東アジア研究評議会議長、1980年から1988年まで日米関係プログラム所長、1995年から1999年までフェアバンク東アジア研究センター所長などを歴任。

■ 関連書籍

Ezra Vogel 1930年生まれ。 ハーバード大名誉教授。日本研究・アジア研究で著名。 1970年代に刊行した『ジャパン・アズ・ナンバーワン』では、当時欧米をしのぐ経済発展を遂げていた日本を、社会・文化・経済など各面にわたって叙述し、日本から学ぶべき点を示し、アメリカに警鐘を鳴らした。   (引用元 Hatena Keyword)

「エズラ・ヴォーゲル」と関連する人物

連想語句
  • 大学
  • オハイオ州
  • アシュケナジム
  • アジア
  • アメリカ
  • アメージャン
  • ウェス
  • オハイオ
  • カリフォルニア
  • クリスチーナ
  • スティーヴン
  • デラウェア
  • ハーバード
  • バークレー
  • リアン
  • ヴォーゲル
  • 教授
  • 著作
  • 関連
  • 陸軍
  • イー
  • ガオ
  • フー
  • ユダヤ
  • 一橋大
  • 中国名
  • 勤務
  • 卒業
  • 大学院
  • 家庭
  • 従事
  • 息子
  • 教え子
  • 関係
  • 高義