誕生日データベース

安藤梢あんどうこずえ

女子サッカー選手[日本]

1982年 7月9日

安藤梢 - 女子サッカー選手
安藤 梢(あんどう こずえ、1982年7月9日 - )は、栃木県宇都宮市出身の女子サッカー選手。
ドイツ女子ブンデスリーガ・SGSエッセン所属。
ポジションはサイドバック、サイドハーフ、フォワード。
栃木県立宇都宮女子高等学校を経て筑波大学。
筑波大学大学院人間科学研究科に進学し、現在博士後期課程在学中(SGSエッセンに所属しているため現在は休学中)。
ベストイレブンへの道 父親の影響で幼いころからボールを蹴り始める。
小学6年生の夏、宇都宮JFCジュベニールの一員として全国少女サッカー大会に出場し優勝。
自身も大会MVPを獲得した。
小学校の卒業文集には、「世界一のサッカー選手になる!」と書いたが、約16年後のドイツ女子W杯でそれを実現している。
小・中学校時代は県内のクラブチーム「河内サッカークラブジュベニール」でプレー。
阿満憲幸監督の情熱あふれる指導のもと、大きく成長していった。
監督から習った基礎練習は、代表入りした現在でも続けている。
またこのチームの後輩には鮫島彩がいる。
中学校卒業後は、県下屈指の進学校・栃木県立宇都宮女子高等学校に進学し、同校サッカー部に入部。

■ 関連書籍

連想語句
  • 時代
  • レディース
  • 浦和レッズ
  • 代表
  • 女子
  • 筑波大学
  • さいたま
  • ゴール
  • タイトル
  • ナス
  • フォワード
  • ブンデスリーガ
  • ユース
  • レイ
  • 個人
  • 出版
  • 博士
  • 学校
  • 宇都宮
  • 年表
  • 成績
  • 日本
  • 栃木
  • 県立
  • 著作
  • 試合
  • 高等
  • サッカー
  • ポジション
  • 人間
  • 修士
  • 単位
  • 大学院
  • 後期
  • 所属
  • 浦和レッドダイヤモンズ
  • 科学
  • 課程