誕生日データベース

オリン・エッゲンOlin Eggen

文学者[アメリカ]

1919年 7月9日

オリン・エッゲン(Olin Jeuck Eggen、1919年7月9日 - 1998年10月2日)はアメリカの天文学者。
恒星の運動の観測データに基づいて銀河系の形成モデルを提唱した。
文献によっては彼のミドルネームを Jenck と誤記している場合があるが、正しくは Jeuck である。
ウィスコンシン州オーフォードヴィル生まれ。
1940年にウィスコンシン大学を卒業し、第二次世界大戦中は CIA の前身である戦略諜報局 (OSS) に勤務した。
その後、大学に戻って1948年に天体物理学で博士号を取得した。
1945年:カリフォルニア大学に赴任。
1956年:グリニッジ王立天文台の主任助手となる。
1960年:カリフォルニア工科大学の教授となる。
1963年:グリニッジに戻る。
1965年:パロマー山天文台に移る。
1966年:ストロムロ山天文台と、サイディング・スプリング天文台の台長ならびにオーストラリア国立大学高等研究所教授となるためにオーストラリアに渡る。
連想語句
  • 大学
  • ウィスコンシン
  • ウィスコンシン州
  • オーフォード
  • カリフォルニア
  • グリニッジ
  • ヴィル
  • 世界
  • 大戦
  • 天文
  • 天文台
  • 学者
  • 恒星
  • 業績
  • 死亡
  • 銀河系
  • アメリカ
  • データ
  • ネーム
  • ミドル
  • モデル
  • 中央
  • 主任
  • 前身
  • 助手
  • 勤務
  • 卒業
  • 博士号
  • 場合
  • 天体
  • 形成
  • 情報局
  • 戦略
  • 提唱
  • 物理学
  • 王立
  • 観測
  • 誤記
  • 諜報
  • 赴任
  • 運動