生年月日データベース

芦原義信

建築家[日本]

1918年 7月7日

芦原義信 - ウィキペディアより引用

芦原 義信(あしはら よしのぶ、1918年7月7日 - 2003年9月24日)は日本の建築家。
ソニービル、東京芸術劇場などの作品で知られる。
また『街並みの美学』で(戦後日本では)いち早く都市景観の重要性を述べた。
東京府(現・東京都)生まれ。
府立一中(現・東京都立日比谷高等学校)、旧制成城高校を経て、1942年(昭和17年)東京帝国大学工学部建築学科卒業、技術士官として海軍に入る。
1945年(昭和20年)、坂倉準三のアトリエ系建築設計事務所に入所。
1953年(昭和28年)、ハーバード大学大学院で修士号(M.Arch.)取得後、マルセル・ブロイヤーの事務所に入所。
1956年(昭和31年)、芦原建築設計研究所を開設。
1959年(昭和34年)、法政大学教授。
1961年(昭和36年)、工学博士(東京大学)。
学位論文の題は「建築の外部空間に関する研究 」。
1965年(昭和40年)、武蔵野美術大学教授。
武蔵野美大では建築学科の創設に関わった。
1970年(昭和45年)、東京大学教授。
1979年(昭和54年)、アメリカ建築家協会名誉会員。

■ 関連書籍

あしはらよしのぶ [生]1918.7.7.東京[没]2003.9.24.東京建築家。1942年東京大学建築学科卒業。海軍から復員後,第2次世界大戦後初の留学生として渡米,1953年ハーバード大学大学院修了。1956年芦原建築設計研究所を設立,同1956年の作品中央公論ビルで日本建築学会賞,1968年モントリオール万国博覧会日本館で芸術選奨文部大臣賞を受賞したほか,駒沢公園オリンピック体育館,銀座ソニービルなど,空間構成を生かした明快かつ堅実な作品で高い評価を得た。1970~79年東京大学の建築意匠学講座で初代教授に就任。1979年には著書『街並みの美学』で毎日出版文化賞を受けた。その後も武蔵野美大キャンパス,第一勧業銀行本店社屋などを手がけ,1984年国立歴史民俗博物館で日本芸術院賞を受賞。日本建築家協会会長(1980~82),日本建築学会会長(1985~86)などを歴任。芸術院会員。1998年文化勲章を受章。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 東京
  • 作品
  • 学校
  • 高等
  • ソニー
  • ビル
  • 劇場
  • 受賞歴
  • 家族
  • 工学部
  • 成城
  • 日比谷
  • 旧制
  • 昭和
  • 景観
  • 東京大学
  • 東京都
  • 美学
  • 芸術
  • 著作
  • 街並み
  • 親族
  • 都立
  • 関連
  • 大学
  • 大学院
  • 工学
  • 帝国
  • 府立
  • 戦後
  • 日本
  • 都市
  • 重要性
  • 高校