誕生日データベース

遠藤実

作曲家[日本]

1932年 7月6日

遠藤 実(えんどう みのる、1932年7月6日 - 2008年12月6日)は、戦後歌謡界を代表する作曲家の一人である。
東京府東京市向島区に生まれ、杉並区南荻窪1丁目に居住していた。
第二次世界大戦時に新潟県西蒲原郡内野町(現在の新潟市西区内野)にて疎開生活を送っていた。
越後獅子等の芸を民家の軒先で披露し、金品を貰う習慣である新潟特有の門付けという演芸スタイルが、後の作曲家人生に大きな影響を与えた。
義務教育を終え日東紡の工員となる。
1949年、17歳の時に上京。
様々な職を経て、ギターを携えて流しの演歌師になる。
1956年、日本マーキュリーレコードより『お月さん今晩わ』にて作曲家としてデビュー。
当時の芸名は星幸男で、現在に至るまで世に送り出した楽曲は5000曲以上(その大部分は演歌)と言われ舟木一夫、千昌夫、森昌子など多くの歌手を育てた。
1965年、島倉千代子らのパトロンだった中山幸市(太平住宅創業者)の出資による太平音響株式会社の設立に加わり専務取締役となり、1966年には自叙伝『太陽も笑っている』が映画化、『太陽に突っ走れ』 (主演:千葉真一) のタイトルで東映から製作配給された。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 東京
  • 千昌夫
  • 作品
  • 作曲家
  • 南荻窪
  • 向島
  • 吾嬬
  • 墨田区
  • 映画
  • 杉並区
  • 東京都
  • 森昌子
  • 橋幸夫
  • 演歌
  • 舟木一夫
  • 著書
  • 葛飾
  • 門下生
  • 一人
  • 一部
  • 作詞
  • 多く
  • 大部分
  • 居住
  • 本人
  • 楽曲
  • 歌手
  • 現在
  • 立花
  • 遠藤