生年月日データベース

タウファアハウ・ツポウ4世Tāufaʻāhau Tupou IV

トンガ国王[トンガ]

1918年 7月4日

2006年 9月10日 死去享年89歳
タウファアハウ・ツポウ4世 - ウィキペディアより引用

タウファアハウ・トゥポウ4世(Tāufaʻāhau Tupou IV、1918年7月4日 - 2006年9月10日)は、トンガ国王(在位:1965年 - 2006年)。
1965年から1991年までトンガ王国総理大臣を務めたファタフェヒ・トゥイペレハケ(Fatafehi Tu'i Pelehake)王子は弟。
シドニー大学で法学を学んだ後に、1943年に母のサローテ・トゥポウ3世国王より教育大臣に指名、1944年には保健大臣になった。
1949年からは首相となったが、1965年に母の死を受けて国王に即位した(母の喪が明けた1967年に正式に即位)。
1976年には体重209.5kgを記録し、「世界一重い君主」としてギネスブックに登録された。
後年は体重が半分になるまで減量したが、2006年にニュージーランド・オークランドの病院で崩御した。
生前は親日家としても知られ、皇太子時代には5回日本を訪れている。
トンガの教育にそろばんを導入したり、大相撲の朝日山部屋へ力士を6名送り出すなどした。
即位後もハラエバル・マタアホ(Halaevalu Mataʻaho ʻAhomeʻe)王妃とともに複数回来日し、1973年11月には靖国神社に参拝、また1989年2月には昭和天皇の大喪の礼にトンガの正装であるタオパラで参列した。

「タウファアハウ・ツポウ4世」と関連する人物

連想語句
  • 国王
  • トンガ
  • ニュージーランド
  • 即位
  • 大臣
  • そろばん
  • オークランド
  • ギネス
  • サローテ
  • シドニー
  • トゥ
  • ポウ
  • 力士
  • 大学
  • 大相撲
  • 教育
  • 日本
  • 朝日山
  • 法学
  • 記録
  • 首相
  • '
  • アホ
  • キログラム
  • トゥイ
  • ハケ
  • ハラエバル
  • ファタフェヒ
  • ブック
  • ペレ
  • マタ
  • 世界
  • 世界一
  • 保健
  • 半分
  • 君主
  • 在位
  • 導入
  • 崩御
  • 後年
  • 指名
  • 時代
  • 来日
  • 正式
  • 減量
  • 王国
  • 王妃
  • 王子
  • 生前
  • 病院
  • 登録
  • 皇太子
  • 総理
  • 複数回
  • 親日
  • 親日家