生年月日データベース

明石家さんまあかしやさんま

お笑いタレント俳優司会者[日本]

1955年 7月1日

明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティー。
本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。
1970年代後半から活躍を続けている国民的お笑いスターの1人。
タモリ、ビートたけしと共に、日本のお笑い芸人BIG3の1人として称される。
和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
吉本興業所属。
奈良県立奈良商業高等学校卒業。
元々は落語家を志して2代目笑福亭松之助の弟子となったが、師匠の推薦でお笑いタレントに転向し現在も芸能界の第一線で活躍を続けている。
事務所は吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。
節税と自身のマネージメントを目的とした個人事務所「オフィス事務所」も設けており、仕事やギャランティー管理はこちらで行っている。
オフィス事務所には、ラサール石井や村上ショージ、松尾伴内らも所属している(さんまと同じく、皆それぞれに所属事務所は他に存在する)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

本名:杉本高文(すぎもと たかふみ) 生年月日:1955年(昭和30年)7月1日 出身地:和歌山県東牟婁郡串本町(奈良市育ち) 師匠:笑福亭松之助(二代目) 入門:1974年(昭和49年)2月 所属:吉本興業(東京) 芸名「明石家」の由来 落語家・笑福亭松之助の弟子だが、テレビタレントとしてのイメージ戦略のため、師匠の判断により、師匠の本名にちなんで、明石家を名乗る。芸名のさんまは実家がさんまの加工業を営んでいた為。松之助一門では、他にも何人かが明石家の屋号を名乗っていた。現在はさんまと師匠の長男ののんきだけ。ちなみに落語家時代に修行した時のネタが、実は残ってるとの噂。(一度だけTVで放送されたらしい)また、漫才ブームの頃には同門の明石家小禄(後の五所の家小禄)とのコンビで漫才をしていた。 山本梓と親戚。城島茂は高校の後輩。 モデルのIMALUは、大竹しのぶとの娘。 サッカーを始めとするスポーツにも造詣が深い事でも有名。ワールドカップ番組などのパーソナリティを勤めてきた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 出典
  • スタイル
  • マニュアル
  • 信頼性
  • アップ
  • ウェブ
  • テレビ
  • マーク
  • 不足
  • 伝記
  • 修正
  • 各種
  • 場合
  • 媒体
  • 番組
  • 確認
  • 紙媒体
  • 紹介
  • 除去