生年月日データベース

横井英樹よこいひでき

実業家、ホテルニュージャパン 元社長[日本]

1913年 7月1日

1998年 11月30日 死去虚血性心疾患享年86歳

横井 英樹(よこい ひでき、1913年(大正2年)7月1日 - 1998年(平成10年)11月30日)は、日本の実業家。
1953年(昭和28年)の老舗百貨店、白木屋の株買占めや東洋郵船設立による海運業への進出で脚光を浴びた。
本名は横井千市。
来歴・人物 愛知県中島郡平和町(現・稲沢市)の貧しい農家に二男・千市として生まれた。
祖母が「千両箱」や「千人力」の「千」が好きで千市と付けたが、本人はその名は好きではなく、後に「英樹」と改名する。
父親の鉞次郎(えつじろう)は、18、19歳の頃にお尻にデキ物ができ、手術をしたら足が悪くなり、仕事をしなくなった。
やけになり、朝から酒を飲み道の真ん中に大きく寝、通行人が通ろうとするとガバッとおきあがり、銭をせびっていたという。
相撲取りのように体が大きく、鉞次郎がいたらみんな逃げていた。
鉞次郎は家の中でも暴れ、妻の政(まさ)の髪の毛をひっぱるなどの暴力をふるい、政と千市は夜に裸足で逃げたこともあったという。
酒乱の鉞次郎をみていた千市は、成人してからもアルコールはほとんど飲まなかった。

■ 関連書籍

よこい-ひでき 1913-1998昭和-平成時代の実業家。大正2年7月1日生まれ。昭和5年横井商店(のち横井産業)を創業。戦時中は軍衣,戦後は占領軍関係の衣料の製造で財をなし,32年東洋郵船を設立。白木屋,東洋製糖などの株をかいしめ,「乗っ取り屋」といわれた。ホテル・ニュージャパンも買収したが,57年の火災で業務上過失致死傷容疑で逮捕され,禁固3年の実刑判決をうけた。平成10年11月30日死去。85歳。愛知県出身。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 事件
  • 白木屋
  • 千市
  • 横井
  • エピソード
  • ジャパン
  • ニュー
  • ホテル
  • 商店
  • 家族
  • 富士屋ホテル
  • 愛知県
  • 晩年
  • 火災
  • 稲沢市
  • 開業
  • 関連
  • えつじろう
  • お尻
  • デパート
  • 中島郡
  • 二男
  • 千両
  • 千人力
  • 平和町
  • 改名
  • 昭和
  • 本人
  • 本名
  • 東洋
  • 次郎
  • 海運
  • 父親
  • 百貨店
  • 祖母
  • 老舗
  • 脚光
  • 英樹
  • 設立
  • 農家
  • 進出
  • 郵船