誕生日データベース

外木場義郎そとこばよしろう

プロ野球選手[日本]

1945年 6月1日

外木場 義郎(そとこば よしろう、1945年6月1日 - )は、鹿児島県出水市出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ、解説者。
2リーグ制以降のプロ野球で、3回のノーヒットノーラン(うち完全試合1試合)を達成した唯一の投手である。
来歴・人物 出水高校では1963年に夏の甲子園県予選で決勝に進出するが、鹿児島高のエース・竹之下五十三(西鉄)と投げ合い0-1で惜敗、甲子園出場を逸する。
卒業後は電電九州に進み、1964年の都市対抗に出場。
1回戦でリリーフとして登板するが、北海道拓殖銀行に敗退。
村山実の大ファンで阪神タイガースのスカウトが来ていたら必ず入団していたとされるが、阪神からの誘いは無かった。
しかし、広島カープ、大洋ホエールズ、近鉄バファローズ、東映フライヤーズの4球団からプロ入りの打診を受ける。
結局、セ・リーグ希望であったことと、九州地方出身者が多かった理由で1965年に広島カープへ入団。
同年10月2日にプロ2度目の先発となる阪神戦で、憧れの村山と投げ合って僅か1四球を与えただけのノーヒットノーランでプロ初勝利を飾る。

■ 関連書籍

プロ野球、広島東洋カープの選手。 右投右打。ポジションは投手。背番号14。 1945年6月1日、鹿児島県生まれ。 鹿児島県出水高校から九州電気通信局を経て1964年に広島東洋カープへ入団。 翌1965年10月2日の阪神タイガース戦でノーヒットノーランを達成し、初勝利を飾る。 1968年に最優秀防御率のタイトルを獲得。 9月14日の大洋戦では2度目のノーヒットノーランを完全試合で飾っている。 1972年4月29日の読売ジャイアンツ戦で3度目のノーヒットノーランを達成し、沢村栄治の記録に並んだ。 1975年にはカープを悲願の初優勝に導いている。 1979年、カープの黄金時代を見届けつつ、現役引退。 引退後は、広島東洋カープの投手コーチ、、オリックス・ブルーウェーブの投手コーチを務める。 現在はRCC野球解説者の傍ら、マスターズリーグ、福岡ドンタクズの選手として、 さらにアマチュア野球界の指導者として監督業に携わっている。 2004年、25年ぶりの自由契約選手*1として話題となった。 *1:1979年に「任意引退」として届けているが、アマチュアの指導者となるために、自由契約となる事を希望し、受理された。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 投手
  • プロ野球
  • 関連
  • コーチ
  • スタイル
  • タイトル
  • ノーヒット
  • ノーラン
  • プレー
  • 出水市
  • 出演
  • 完全試合
  • 年度
  • 成績
  • 番組
  • 背番号
  • 表彰
  • 解説者
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 鹿児島県
  • そとこば
  • よしろう
  • リーグ制
  • 出身
  • 唯一
  • 外木場
  • 義郎
  • 達成
  • 野球