誕生日データベース

野村克也のむらかつや

プロ野球選手、監督[日本]

1935年 6月29日

野村克也の名言
失敗と書いて、成長と読む。
野村克也 - ウィキペディアより引用

野村 克也(のむら かつや、1935年6月29日 - )は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身の元プロ野球選手(捕手)・コーチ・監督(ヤクルトスワローズ監督(第17代)、阪神タイガース監督(第29代)、東北楽天ゴールデンイーグルス監督(第2代))、解説者・評論家。
日本体育大学客員教授。
元東北楽天ゴールデンイーグルス名誉監督。
所属事務所はエフエンタープライズ。
血液型はB型。
愛称は「ノムさん」。
戦後初・捕手として世界初の三冠王、出場試合数歴代2位、監督としても出場試合数歴代3位、通算本塁打数歴代2位、通算打点数歴代2位、通算犠飛数歴代1位などの記録を持つ。
京都府京丹後市出身。
野球選手としての現役生活は1954年から1980年の27年間にわたり、南海ホークス、 ロッテオリオンズ、西武ライオンズでプレーした。
引退後は1990年から1998年までヤクルトスワローズ、1999年から2001年まで阪神タイガース、2003年から2005年まで社会人野球のシダックス、2006年から2009年まで東北楽天ゴールデンイーグルスの監督を務めた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

京都出身のプロ野球選手・監督。通称「ノムさん」「ムース」 右投右打、ポジションは捕手。背番号は19→73→82→73→19*1。 1935年6月29日生まれ。京都府京丹後市出身。 1955年、南海ホークスに入団。「生涯一捕手」を貫き、輝かしい成績を残した。 1969年より選手兼任監督となり、1973年優勝を遂げるなどの実績も残したが、1977年に「公私混同」を理由に解雇(自由契約)、その後ロッテオリオンズ、西武ライオンズに移籍し1980年引退。 引退後は野球解説者や監督業務の傍ら、タレント活動や執筆活動も積極的に行っている。 現役時代、バッターボックスに立つ選手に向かって選手の私生活を囁きかけ、打ち気を逸らした「ささやき戦術」はあまりにも有名。独自の野球観を持ち、チーム再建、選手育成に長けることから、彼の采配の一つは「野村再生工場」と呼ばれる。また、関西弁をまじえた独特の「ボヤキ」によって、球史に残る名言を幾つも残している。*2 ただし、選手起用についてはかなりの好き嫌いが見られ、ヤクルト時代は苫篠賢治、栗山英樹などと反りが合わず、また長嶋一茂を飼い殺しにしたり、伊藤智仁、岡林洋一、山部太を筆頭に投手を使い潰し、長期にわたって投手が活躍する機会が稀だったことから「野村焼畑農場」などと揶揄されることもあった。 また、妻(野村沙知代)に関連しては、数々の公私混同(リトルリーグチーム運営に口を出すなど)ならびに脱税などの問題を巻き起こしたことにより、その結果チームを不本意な形で去ることとなっている。 楽天の監督時代に言った「マー君、神の子、不思議な子」という言葉は …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 出典
  • 日本
  • レイアウト
  • 不足
  • 京都府
  • 伝記
  • 克也
  • 出身
  • 南海
  • 国籍
  • 基本
  • 時代
  • 選手
  • 野村