生年月日データベース

清岡卓行きよおかたかゆき

詩人作家[日本(中国)]

1922年 6月29日

2006年 6月3日 死去間質性肺炎享年85歳

清岡 卓行(きよおか たかゆき、1922年(大正11年)6月29日 - 2006年(平成18年)6月3日)は、日本の詩人、小説家。
関東州の大連生れ。
東京大学文学部仏文科で渡辺一夫に師事した。
妻は作家の岩阪恵子(いわさか けいこ、本名 清岡惠子)。
前妻の息子清岡智比古は、フランス語学者で創作活動も行っている(明治大学理工学部教授)。
ロシア・日本の租借地であった大連で、生まれてから敗戦による本土引き揚げまでの20数年間(内地での一高、東大在学時を途中に挟む)を過ごす。
一高時代、詩人原口統三と親交をもつ。
大連という歴史的重層性と澄明な風土を備えた空間性のなかで育まれた感受性は、後の作品群に大きな影響を及ぼす。
父母の生地は高知県であるため高知県出身の人物一覧にも記載されている。
東大在学中の1949年に、プロ野球の日本野球連盟に就職し、連盟分裂後はそのままセ・リーグ事務局に勤務して日程編成を担当。
「猛打賞」を発案したことでも知られる。
1964年退社し、法政大学講師を経て教授となる。
彫琢された正確さと豊饒な官能性の複合体というべき文体によって生み出された作品群は、詩と散文に判然と区別されるというよりは、石川淳が指摘したように、その双方のジャンルの枠を読者に思考させる質を備えている。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

1922年生まれ。詩人、小説家。小説家としては「アカシヤの大連」(ISBN:4061960040)で、第52回(1967年後期)芥川賞を受賞する。詩人としての業績は、『現代詩文庫 清岡卓行詩集』(ISBN:4783707049)などで知ることができる。 また一時期プロ野球機構の職員として勤務しており、その時期に「猛打賞」を設立したことでも知られる。プロ野球に対する思いを綴った作品としては、『猛打賞 プロ野球随想』(ISBN:4062014912)がある。 平成18年(2006)6月3日死去、83歳。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 教授
  • 法政大学
  • フランス語
  • 学部
  • 清岡
  • 受賞歴
  • 大学
  • 小説
  • 小説家
  • 岩阪
  • 恵子
  • 批評
  • 文学部
  • 日本芸術院
  • 明治
  • 東京大学
  • 東州
  • 比古
  • 渡辺一夫
  • 理工
  • 萩原朔太郎
  • 著作
  • 詩人
  • 詩集
  • 随想
  • いわさか
  • けいこ
  • テキスト
  • 人文
  • 仏文科
  • 会員
  • 作品
  • 作家
  • 前妻
  • 創作
  • 基礎
  • 多く
  • 大連
  • 大連市
  • 学生
  • 学者
  • 専攻
  • 師事
  • 息子
  • 惠子
  • 担当
  • 指導
  • 文藝春秋
  • 新入
  • 日本
  • 本名
  • 活動
  • 猫町
  • 私論
  • 終身
  • 講義
  • 選出
  • 長らく
  • 集成
  • 1996