誕生日データベース

佐野洋子

絵本作家エッセイスト[日本(中国)]

1938年 6月28日

佐野 洋子(さの ようこ、1938年6月28日 - 2010年11月5日)は、日本の作家、エッセイスト、絵本作家。
北京生まれ。
7人兄弟だったが、幼少時に病弱だった兄を亡くしている。
これが後の作風にも影響を与えている。
4歳のときに母親と手を繋ごうとしたら、チッと舌打ちされて手を振り払われて以来、母親に対して確執を抱えた(晩年、母親が認知症になったのち和解)。
武蔵野美術大学デザイン科卒。
ベルリン造形大学でリトグラフを学ぶ。
卒業後、デパートで働くが、すべての工程を自分で決めたいと、デザイン、イラストレーションの仕事を手がけながら、『やぎさんのひっこし』で絵本作家としてデビュー。
1990年、谷川俊太郎と結婚し、1996年に離婚。
代表作である『100万回生きたねこ』は、人生や愛について読者に深い感動を与える絵本として子供から大人まで親しまれている。
海外絵本の訳本もある。
エッセイストとしても知られ、『神も仏もありませぬ』で2004年度の小林秀雄賞を受賞。
『役にたたない日々』の中で、がんで余命2年であることを告白していた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 絵本
  • 母親
  • エッセイスト
  • リトグラフ
  • 一夫
  • 上村
  • 作品
  • 作家
  • 出典
  • 北京
  • 受賞歴
  • 平野甲賀
  • 挿絵
  • 武蔵野美術大学
  • これ
  • とき
  • イラストレーター
  • デザイン科
  • ベルリン
  • 作風
  • 兄弟
  • 入社
  • 半年
  • 卒業
  • 同級
  • 和解
  • 大学
  • 山梨県
  • 幼少時
  • 影響
  • 晩年
  • 白木屋
  • 確執
  • 舌打ち
  • 認知
  • 造形
  • 静岡市
  • 静岡県