生年月日データベース

梁瀬次郎

ヤナセ 元社長・元会長[日本]

1916年 6月28日

梁瀬 次郎(やなせ じろう、大正5年(1916年)6月28日 - 平成20年(2008年)3月13日)は、日本の実業家。
父親・梁瀬長太郎が設立した株式会社ヤナセの経営を引き継ぎ、自動車輸入の最大手企業に発展させた 。
アメリカ車の販売に寄与したとして、2004年に日本人としては本田宗一郎や豊田英二らに続く5人目となる米国自動車殿堂入りを果たした。
年譜 1916年 - 東京都出身 1923年 - 関東大震災が発生、父の郷里群馬県碓氷郡豊岡村(現高崎市)に避難。
後に麹町小学校、慶應義塾幼稚舎、慶應義塾普通部(旧制)にて学ぶ。
1939年 - 慶應義塾大学経済学部卒業、梁瀬自動車工業に入社 1941年 - 取締役 1945年 - 社長 1985年 - 会長 2004年 - 米国自動車殿堂入り 2008年 - 3月13日、肺炎のため東京都港区の東京慈恵会医科大学附属病院で死去、91歳没。

■ 関連書籍

企業人。元ヤナセ社長・会長。 (1916年6月28日-2008年3月13日) 1916年、東京都出身。 創業者の父・長太郎氏のヤナセ自動車に入り、1945年、代表取締役に。その後、社長となり、輸入自動車の販売に尽力した。 1985年に会長に就任。晩年は業界団体や同社の後進指導に尽力した。 2008年3月13日に91才でこの世を去った。 (注=Yahoo!のニュースを基に紹介) (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 年譜
  • 自動車
  • 殿堂
  • 米国
  • アメリカ車
  • ヤナセ
  • 実業家
  • 家族
  • 本田宗一郎
  • 東京都
  • 梁瀬長太郎
  • 系譜
  • 著書
  • 親族
  • 豊田英二
  • 輸入
  • 企業
  • 入り
  • 出身
  • 寄与
  • 日本
  • 日本人
  • 最大手
  • 株式会社
  • 父親
  • 発展
  • 経営
  • 設立
  • 販売