生年月日データベース

ミハイル・グリンカMikhail Ivanovich Glinka

作曲家[ロシア]

1804年 6月1日

1857年 2月15日 死去享年54歳
ミハイル・グリンカ - ウィキペディアより引用

ミハイル・イヴァーノヴィチ・グリンカ(ロシア語:Михаил Иванович Глинка、ミハイール・イヴァーナヴィチュ・グリーンカ:Mikhail Ivanovich Glinka、1804年6月1日スモレンスク近郊ノヴォスパスコイェ Novospasskoye Новоспасское - 1857年2月15日ベルリン)は国外で広い名声を勝ち得た最初のロシア人作曲家。
「近代ロシア音楽の父」と呼ばれる。
ウクライナ系。
生涯 グリンカは貴族で富裕な地主の家庭に第2子として生まれ、子ども時代から音楽に興味を持っていた。
少年のころに体験した祖国戦争と農奴オーケストラが演奏する民謡の編曲が、成長してからの彼の音楽に影響を与えたといわれる。
イギリスでピアノ会社を成功させたイタリア人作曲家クレメンティにともなわれてサンクトペテルブルクに訪れたジョン・フィールドはロシアの貴族たちにピアノを売り込んだと同時にピアノの演奏技術をロシアに普及させた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「ミハイル・グリンカ」と関連する人物

連想語句
  • 生涯
  • イェ
  • ウクライナ
  • スコ
  • スパ
  • スモレンスク
  • ノヴォ
  • ピアノ
  • ベルリン
  • ロシア人
  • 作品
  • 作曲家
  • 作風
  • 室内
  • 影響
  • 後世
  • 楽曲
  • 歌劇
  • 歌曲
  • 管弦楽
  • ロシア
  • 名声
  • 国外
  • 最初
  • 近代
  • 近郊
  • 音楽