誕生日データベース

井尻正二

生物学者[日本]

1913年 6月26日

井尻 正二(いじり しょうじ、1913年6月26日 - 1999年12月1日)は、北海道小樽市出身の古生物学者、地質学者。
1933年4月、動物学者で大伯父に当たる東京帝国大学教授・谷津直秀の勧めで東京帝国大学理学部地質学科に進学。
東京帝国大学地質学科卒。
国立科学博物館・東京大学地震研究所勤務、地学団体研究会の創設参画。
「レッドパージ」により国立科学博物館の職を追われ、著述で生計を立てながら研究にたずさわる。
1963年から東京経済大学教授。
1969年に職を辞し、ふたたび著述に専念。
日本の化石研究の第一人者。
1948年に野尻湖湖畔で、地元の旅館主人により発見されたナウマンゾウの臼歯化石の研究から始まった野尻湖発掘調査を指導し、日本の氷河時代の生物相や自然環境、旧石器時代の人類の生活環境などを解明(野尻湖発掘調査は専門家でない人も参加したいわゆる「大衆発掘方式」で現在も継続されている)。

■ 関連書籍

1913年、北海道小樽市生れ。評論家、古生物学者、地質学者。 1936年、東京大学理学部地質学科を卒業。理学博士。1999年没 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 学者
  • 地質
  • 国立科学博物館
  • 大学
  • 帝国
  • 東京
  • 東京大学
  • 共著
  • 化石
  • 古生物
  • 地学団体研究会
  • 地震
  • 学科
  • 教授
  • 日本
  • 東京経済大学
  • 研究所
  • 著書
  • 著述
  • 記念
  • 論文
  • 論集
  • 谷津直秀
  • 野尻湖
  • 関連
  • レッドパージ
  • 創設
  • 動物
  • 勤務
  • 参画
  • 地元
  • 大伯父
  • 専念
  • 旅館主
  • 湖畔
  • 理学部
  • 生計
  • 発見
  • 第一人者
  • 進学