生年月日データベース

松平晃

歌手[日本]

1911年 6月26日

松平晃 - ウィキペディアより引用

松平 晃(まつだいら あきら、1911年6月26日 - 1961年3月8日)は、昭和期の流行歌歌手。
本名は福田恒治(ふくだつねはる)。
SPレコード歌謡の揺籃の時代から全盛期にかけて、「佐賀っぽ」という気質を前面に出し、青春のブリリアントな美質と野放図な大胆さでスターダムにのし上がった。
芸名の「松平晃」は「松平の殿様のように豊かな生活がしたい」との思いからつけたとの説がある。
一方、歌以外でも機械いじりを得意とし、スポーツカーを乗り回し、自分で録音器を作って公演先からボイスレターを送ったり、テーブルマジックに長けていたりと意外かつ多彩な才能の持ち主でもあった。
同時期にデビューした歌手の楠木繁夫とは親友であり、1956年(昭和31年)に楠木が自殺した際には、涙ながらに「女の階級」を歌い出棺を見送ったという。
コロムビア以前 1911年(明治44年)6月26日、佐賀県佐賀市の福田家に生まれる。
小学校の頃から歌が好きで、佐賀中学卒業後「音楽で身を立ててはどうか」と兄に勧められたこともあって音楽の道を志す。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • コロムビア
  • 時代
  • 代表曲
  • 前半
  • 後半
  • 戦中
  • 戦後
  • 楠木繁夫
  • 歌手
  • つねはる
  • ふくだ
  • スターダム
  • スポーツカー
  • テーブル
  • デビュー
  • ブリリアント
  • ボイス
  • マジック
  • レコード
  • レター
  • 佐賀
  • 全盛期
  • 公演
  • 出棺
  • 前面
  • 多彩
  • 得意
  • 恒治
  • 意外
  • 才能
  • 持ち主
  • 揺籃
  • 昭和
  • 時期
  • 本名
  • 松平
  • 楠木
  • 機械
  • 歌謡
  • 殿様
  • 気質
  • 生活
  • 福田
  • 美質
  • 自分
  • 自殺
  • 芸名
  • 親友
  • 録音器
  • 階級
  • 青春