誕生日データベース

ロバート・ヴェンチューリRobert Venturi

建築家[アメリカ]

1925年 6月25日

ロバート・ヴェンチューリ - ウィキペディアより引用
ロバート・ヴェンチューリ(Robert Venturi, 1925年6月25日 - )はポストモダンの建築家。
プリンストン大学卒業後、ローマに留学。
エーロ・サーリネン、ルイス・I・カーンに師事した後、フィラデルフィアに建築設計事務所を構えている。
1954年から1965年までペンシルベニア大学で教鞭を執った。
作品に「母の家」(Vanna Venturi House 1963年)、ロンドンのナショナルギャラリー増築(セインズベリ棟)、アメリカワシントン州のシアトル美術館などがある。
日本の日光に存在する大江戸温泉物語湯屋日光霧降(元のメルパルク日光霧降)は彼の作品の中でも高い評価を得ている。
1991年のプリツカー賞を受賞。
主著『建築の多様性と対立性』(Complexity and Contradiction in Architecture、1966年)、『ラスベガス』(Learning from Las Vegas、共著 1972年)などにおいて、禁欲的に装飾を否定したモダニズム建築を批判し、ポストモダンを提唱した。

■ 関連書籍

連想語句
  • 建築
  • モダニズム
  • 大学
  • ロンドン
  • 日光
  • アメリカ
  • エーロ
  • カーン
  • ギャラリー
  • サーリネン
  • シアトル
  • ナショナル
  • フィラデルフィア
  • プリツカー
  • プリンストン
  • ペンシルベニア
  • ミース
  • ルイス
  • ローマ
  • ワシントン州
  • 事務所
  • 作品
  • 大江戸温泉物語
  • 美術館
  • 設計
  • 霧降
  • セインズベリ
  • デル
  • ファン
  • ポスト
  • ポストモダン
  • メルパルク
  • ラスベガス
  • ローエ
  • 主義
  • 主著
  • 共著
  • 卒業
  • 受賞
  • 否定
  • 増築
  • 多様性
  • 対立
  • 師事
  • 批判
  • 提唱
  • 教鞭
  • 日本
  • 構築
  • 標語
  • 湯屋
  • 留学
  • 装飾
  • 評価