生年月日データベース

千葉泰樹ちばやすき

映画監督[日本(満州)]

1910年 6月24日

1985年 9月18日 死去享年76歳

千葉 泰樹(ちば やすき、1910年(明治43年)6月24日 - 1985年(昭和60年)9月18日)は、日本の映画監督。

清国時代の満州・長春出身。
1928年(昭和3年)に兵庫県立神戸商業学校を卒業後、阪妻立花ユニヴァーサル聨合映画に助監督として入社。
翌1929年(昭和4年)に河合映画巣鴨撮影所に移籍して、1930年(昭和5年)に『蒼白き人々』で監督デビューする。

初期は時代劇映画を多く撮り、富国映画社、台湾プロダクションを経て、日活入社。
この頃から現代劇も多く手掛けるようになり、更に南旺映画に移ってスラム街に住む日本人職工と在日朝鮮人との交流を描く問題作『煉瓦女工』を手掛ける。
この作品は検閲で不許可となり、更に南旺映画解体の原因ともなる(映画は終戦後の1946年(昭和21年)に公開)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

映画監督。 1910年(明治43年)6月24日、生まれ。1985年(昭和60年)9月18日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • 映画
  • フリー
  • プロ
  • 作品
  • 兵庫
  • 台湾
  • 商業
  • 多摩川
  • 大映
  • 太秦
  • 学校
  • 富国
  • 日活
  • 東宝
  • 河合
  • 清国
  • 満州
  • 監督
  • 県立
  • 神戸
  • 長春
  • 関連
  • 入社
  • 出身
  • 助監督
  • 卒業
  • 昭和
  • 立花
  • 聨合
  • 阪妻
  • 高等