生年月日データベース

谷口吉郎たにぐちよしろう

建築家[日本]

1904年 6月24日

1979年 2月2日 死去享年76歳
谷口吉郎 - ウィキペディアより引用

谷口 吉郎(たにぐち よしろう、1904年(明治37年)6月24日 - 1979年(昭和54年)2月2日)は、昭和期の建築家である。
石川県金沢市出身。
帝国劇場の設計者、庭園研究者、博物館明治村の初代館長。
子の谷口吉生も建築家である。
女婿に納屋嘉治(宗淡)・淡交社社長。
1904年(明治37年)金沢市に生まれる。
九谷焼の窯元の家 石川県立第二中学校(金沢二中)、第四高等学校を経て、 1928年(昭和3年)東京帝国大学建築学科卒業 1929年(昭和4年)東京工業大学講師 1930年(昭和5年)助教授 1938年〜1939年(昭和13年〜14年)駐独日本大使館新築の一環として日本庭園造園のためベルリン出張 1943年(昭和18年)教授 1961年(昭和36年)「東宮御所」設計その他の業績により日本芸術院賞受賞。

■ 関連書籍

たにぐちよしろう [生]1904.6.24.金沢[没]1979.2.2.東京建築家,工学博士。1928年東京大学工学部建築科卒業。43~65年東京工業大学教授,日本芸術院会員,博物館明治村館長をつとめた。61年東宮御所の設計で芸術院賞,73年文化勲章受章。主要設計は島崎藤村記念堂(1948),帝国劇場(66),東京国立近代美術館(69),東京国立博物館東洋館など。主著『修学院離宮』(57,毎日出版文化賞)。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 建築家
  • 金沢市
  • 中学校
  • 九谷焼
  • 余談
  • 作品
  • 劇場
  • 嘉治
  • 学校
  • 帝国
  • 御所
  • 教授
  • 東京工業大学
  • 東宮
  • 淡交社
  • 県立
  • 石川
  • 石川県
  • 納屋
  • 著作
  • 谷口吉生
  • 金沢
  • 関連
  • 高等
  • 二中
  • 出身
  • 女婿
  • 庭園
  • 旧制
  • 明治
  • 昭和
  • 研究者
  • 社長
  • 窯元
  • 設計者
  • 錦丘