誕生日データベース

マルセル・ミュールMarcel Mule

ミュージシャン[フランス]

1901年 6月24日

マルセル・ミュール(仏: Marcel Mule、1901年6月24日 - 2001年12月18日)は、フランスのクラシック・サクソフォーン奏者、音楽教師。
人物・生涯 ノルマンディー地方のオーブ(Aube)に生まれ、「Le Patron」(父)の通称で知られた。
彼は偉大なクラシック・サクソフォーン奏者として世界的に知られ、彼のために多くの曲が作曲され、また彼によって初演・編曲された。
これらの曲の多くが今日のクラシック・サクソフォーンのレパートリーの中心をなしている。
また、サクソフォーンに初めてビブラート奏法を導入した人物でもある。
父親に加えてフランソワ・コンベール(Francois Combelle)からサクソフォーンを学んだ。
また、1935年にはナディア・ブーランジェに師事し、その縁で多くの作曲家と知り合うこととなった。
休止状態にあったパリ音楽院のサクソフォーン科を1942年に復活させた。
当時すでにサクソフォーン奏者および教師として評価されていたミュールは、同科の指導者に選ばれた。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「マルセル・ミュール」と関連する人物

連想語句
  • サクソフォーン
  • 生涯
  • クラシック
  • 関連
  • 多く
  • 音楽
  • ナディア
  • ノルマンディー
  • パリ
  • ビブラート
  • ブーランジェ
  • レパートリー
  • 作曲家
  • 奏者
  • 書籍
  • これら
  • オーブ
  • コン
  • フランス
  • フランソワ
  • ベール
  • ランス
  • 中心
  • 今日
  • 休止
  • 作曲
  • 初演
  • 国立
  • 地方
  • 奏法
  • 学校
  • 導入
  • 師事
  • 復活
  • 教師
  • 父親
  • 状態
  • 編曲
  • 舞踊
  • 通称
  • 音楽院
  • 高等