誕生日データベース

アンブローズ・ビアスAmbrose Gwinett Bierce

作家[アメリカ]

1842年 6月24日

1914年 死去享年73歳
アンブローズ・ビアス - ウィキペディアより引用

アンブローズ・ギンネット・ビアス(Ambrose Gwinnett Bierce, 1842年6月24日 - ?)は、アメリカの作家、ジャーナリスト、コラムニスト。
代表的な著作に、風刺辞書『悪魔の辞典』、短編小説「アウル・クリーク橋の一事件」がある。
人間の本質を冷笑をもって見据え、容赦ない毒舌をふるったことから、「辛辣なビアス (Bitter Bierce) 」と渾名された。
生い立ち マーカス・オーレリアス・ビアス(1799年 - 1876年)とその妻ローラ・シャーウッド・ビアスの子として、オハイオ州メグズ郡ホースケイブ・クリークに生まれる。
母親は17世紀のプリマス総督ウィリアム・ブラッドフォードの末裔にあたる。
両親は貧しくも文学的素養があり、ビアスに読書と書き物への深い愛着を育んだ。
幼年期をインディアナ州カズヤスコ郡で過ごし、郡庁所在地ワルショウのハイスクールに通った。
父マーカスは13人の子すべてに A で始まる名前をつけた。
上から順番に、アビゲイル、アメリア、アン、アディソン、オーレリアス、オーガスタス、アルメダ、アンドリュー、アルバート、アンブローズ、アーサー、アデリア、オーレリアで、アンブローズ・ビアスは第10子である。

■ 関連書籍

Ambrose Bierce(1842〜1914?) ニガヨモギと酸をインクの代わりに用いていると言われ、ビター・ビアスともあだ名された。 作家、ジャーナリスト。代表作は「悪魔の辞典」という警句集。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 事件
  • 短編
  • 著作
  • コラムニスト
  • ジャーナリスト
  • ジャーナリズム
  • マッキンリー
  • リスト
  • 作品
  • 大統領
  • 大陸
  • 失踪
  • 影響
  • 後世
  • 悪魔
  • 政府
  • 暗殺
  • 横断
  • 私生活
  • 融資
  • 評価
  • 軍歴
  • 辞典
  • 鉄道
  • アウル
  • クリーク
  • ビアス
  • 人間
  • 作家
  • 冷笑
  • 容赦
  • 小説
  • 本質
  • 毒舌
  • 渾名
  • 辛辣
  • 辞書
  • 風刺