誕生日データベース

野田一夫のだかずお

経営学者[日本]

1927年 6月22日

野田 一夫(のだ かずお、1927年6月22日 - )は、日本の事業家、経営学者。
一般財団法人社会開発研究センター会長、一般社団法人全国経営者団体連合会会長、一般財団法人日本総合研究所会長、一般社団法人日本マネジメントスクール会長、一般財団法人日本教育推進財団最高顧問、多摩大学名誉学長、高崎商科大学客員教授、グロービス経営大学院大学理事。
一般社団法人ニュービジネス協議会設立に当り初代理事長、宮城大学初代学長、事業構想大学院大学初代学長などを歴任した。
日本人ではじめて航空力学を学んだ父親(当時は三菱重工業技師)が憧れだったが、戦後に航空への道が失われ、理系から文系に転じた。
“大学改革”や“日本企業の経営近代化”の推進者として大きく貢献。
その成果が様々な組織の初代代表歴任などに表れている。
幅広い人脈を持ち、孫正義が師匠と崇め、 平成の吉田松陰と呼ばれて経営者より慕われている。
愛知県名古屋市出身。
成蹊高校文科卒業。
東京大学在学中に東京都立明正高等学校非常勤講師を歴任。
1952.3 東京大学文学部社会学科卒業(産業社会学専攻)。

■ 関連書籍

のだ-かずお 1927-昭和後期-平成時代の経営学者。昭和2年6月22日生まれ。昭和40年立大教授。日本産業論,経営論,都市論などを研究し,アメリカのドラッカーの経営学を日本に紹介した。日本総合研究所理事長,ニュービジネス協議会理事長をへて,平成元年多摩大初代学長。9年宮城大初代学長。社会開発研究センター会長などもつとめる。愛知県出身。東大卒。著作に「日本の重役」「財閥―経営者にみる生態」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • 一般
  • 法人
  • 経営
  • 財団
  • 会長
  • 社団
  • グロービス
  • スクール
  • センター
  • ニュー
  • ビジネス
  • マネジメント
  • 事業家
  • 全国
  • 出典
  • 団体
  • 多摩大学
  • 大学院大学
  • 学者
  • 推進
  • 教育
  • 社会
  • 経営者
  • 連合会
  • 開発
  • 高崎商科大学
  • かずお
  • ウィキペディア
  • 一夫
  • 不足
  • 伝記
  • 協議会
  • 名誉
  • 場所
  • 学長
  • 客員
  • 教授
  • 最高
  • 演説
  • 理事
  • 野田
  • 顧問