誕生日データベース

アウン・サン・スー・チー

政治家、民主化運動指導者[ミャンマー]

1945年 6月19日

アウン・サン・スー・チー - ウィキペディアより引用
アウン・サン・スー・チー(ビルマ語: အောင်ဆန်းစုကြည် (画像による標示:x18px)、ラテン文字転写: Aung San Suu Kyi、国際音声記号 [aʊŋˌsæn.suːˈtʃiː]。
1945年6月19日 - )は、ミャンマーにおける非暴力民主化運動の指導者、政治家。
現在、国民民主連盟中央執行委員会議長。
2016年3月30日にティンチョーを大統領とする新政権が発足したことにともない、外相、大統領府相を兼任(当初は教育相と電力エネルギー相も兼任していた)、さらに新設の国家顧問にも就いた。
ビルマの独立運動を主導し、その達成を目前にして暗殺された「ビルマ建国の父」ことアウン・サン将軍の娘である。
敬虔なテーラワーダ仏教徒とされる。
使用言語はビルマ語、英語、フランス語、日本語。
ただし、2013年訪仏時にはフランス語で講演を行っているが、同年の訪日時には、英語で記者会見を行っている。
日本や、英語メディア、仏語メディア、独語メディアなどの報道では「スー・チー」「スー・チーさん」などと表記されることもあるが、原語では姓名の区別なく「アウンサンスーチー」と一語で表記する(後述)。

■ 関連書籍

連想語句
  • ミャンマー
  • フランス語
  • 英語
  • 運動
  • アウンサン
  • チョー
  • ティン
  • ビルマ
  • ビルマ語
  • ラテン
  • 仏教
  • 兼任
  • 国家
  • 国民
  • 国際
  • 建国
  • 文字
  • 日本語
  • 暴力
  • 民主
  • 民主化
  • 転写
  • 連盟
  • 音声記号
  • 顧問
  • エネルギー
  • テーラワーダ
  • 上座
  • 主導
  • 使用
  • 党首
  • 同年
  • 外相
  • 大統領
  • 大統領府
  • 将軍
  • 当初
  • 指導者
  • 政治家
  • 教育
  • 新政権
  • 新設
  • 暗殺
  • 独立
  • 現在
  • 発足
  • 目前
  • 言語
  • 記者会見
  • 訪仏
  • 訪日
  • 講演
  • 達成
  • 電力