誕生日データベース

ジェームズ・ブキャナンJames Buchanan, Jr.

政治家、アメリカ合衆国第15代大統領[アメリカ]

1791年 4月23日

1868年 6月1日 死去享年78歳
ジェームズ・ブキャナン - ウィキペディアより引用

ジェームズ・ブキャナン・ジュニア(James Buchanan, Jr., 1791年4月23日 - 1868年6月1日)は、アメリカ合衆国の第15代大統領である。
18世紀生まれの最後の大統領であり、結婚しなかった唯一の大統領である。
また、ペンシルベニア州から選出された唯一の大統領でもある。
ブキャナンは人気があり経験豊富な州の政治家で、非常に成功した弁護士であった。
彼はペンシルベニア州選出の下院議員となり、後には上院議員に転身、アンドリュー・ジャクソン内閣ではロシア担当大臣を務めた。
また、ポーク内閣では国務長官も務めている。
最高裁長官の指名を断った後、ピアース内閣ではイギリス担当大臣を務め、オステンド・マニフェストの作成を手助けした。
1844年、1848年、1852年の大統領選において民主党の候補指名に失敗したが、「オールド・バック Old Buck」は1856年の大統領選で民主党の大統領候補に指名された。
ピアース大統領の任期の大半、ブキャナンはイギリス担当大臣としてロンドンに滞在していたため、合衆国を支配した派閥政治の十字砲火の中に交わることはなかった。

James Buchanan (1791年4月23日 - 1868年6月1日) アメリカ合衆国の第15代アメリカ大統領 生涯通して結婚しなかったことで有名。ファーストレディーを持たなかった唯一の大統領。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 大統領
  • 合衆国
  • アメリカ
  • 選挙
  • ピアース
  • ブキャナン
  • ペンシルベニア州
  • 内閣
  • 大臣
  • 担当
  • 指名
  • アンドリュー
  • イギリス
  • オステンド
  • ジャクソン
  • ジョン
  • フレモント
  • ポーク
  • マニフェスト
  • 候補
  • 唯一
  • 国務長官
  • 大統領選
  • 民主党
  • 議員
  • 選出
  • オールド
  • ジェームズ
  • バック
  • フランクリン
  • ロシア
  • ロンドン
  • 上院
  • 下院
  • 両派
  • 人気
  • 任期
  • 作成
  • 制度
  • 十字砲火
  • 問題
  • 大半
  • 失敗
  • 奴隷
  • 妥協
  • 弁護士
  • 態度
  • 成功
  • 手助け
  • 支配
  • 政治
  • 政治家
  • 最後
  • 最高裁
  • 派閥
  • 滞在
  • 経験
  • 結婚
  • 豊富
  • 転身
  • 長官