生年月日データベース

古葉竹識こばたけし

プロ野球選手、監督[日本]

1936年 4月22日

古葉竹識 - ウィキペディアより引用

古葉 竹識(こば たけし、1936年4月22日 - )は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手(内野手)・監督、解説者。
旧名は「古葉 毅」(読みは同じ、1964年に改名)。
広島東洋カープを球団史上初のリーグ優勝に導き、赤ヘル黄金期を築いた名将。
プロ入り前 熊本市の古町国民学校出身。
父は鋳物会社を経営していたが、戦後に倒産。
裕福な暮らしが一転する。
済々黌高校では2年生の時、三塁手として1953年春の選抜に出場。
1年上のエース山本勘介(のち阪急)の好投もあり準々決勝に進むが、片岡宏雄のいた浪華商に延長13回0-1で敗退。
山本以外のチームメートに二塁手の飽本唯徳がいる。
同年夏の甲子園県予選で準優勝、西九州大会準決勝に進むが佐賀高に敗れる。
翌年夏も西九州大会で鳥栖工に完封負けを喫し、夏の甲子園には届かなかった。
1955年に専修大学に進学。
大学同期に興津達雄がいた。
同年夏休み、母校の高校のグラウンドに出向き後輩にプレーを見せていたところ、偶然来校していた日鉄二瀬野球部監督(当時)の濃人渉の目にとまり、日鉄鉱業への入社を勧められる。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

プロ野球選手・指導者。 旧名「古葉毅」。 右投右打、ポジションは遊撃手。背番号は1番。 1936年4月22日生まれ。熊本県熊本市出身。 済々黌高校から専修大学に進学。 中退後、日鉄二瀬を経て1958年、広島カープに入団。 1964年、57盗塁を記録し、盗塁王のタイトルを獲得。 1968年、2度目の盗塁王に輝く。 俊足巧打の1番打者として活躍、1960年代のカープを支えた。 1970年、南海ホークスへ移籍。 1971年、現役引退。 1972年、コーチに就任。 1974年、広島東洋カープにヘッドコーチとして復帰。 1975年、シーズン途中で退団したジョー・ルーツ?の後を受け監督に就任。 赤ヘル旋風を巻き起こし、初のリーグ優勝へ導く。 その後、1979年、1980年と2年連続で日本一に輝く。 強力な投手陣と機動力を擁し、多くの選手を見出しカープの黄金時代を形成。 1984年、3度目の日本一に輝く。 1985年、監督を勇退。 1987年、横浜大洋ホエールズの監督に就任。 しかし、選手との対立などもあり、好成績をあげることはできず、1989年辞任。 監督通算873勝791敗137分け。 退団後は野球評論家を務め、その間広島市長選挙、参議院選挙にも出馬した。 1999年、野球殿堂入り。 2003年、マスターズリーグ・札幌アンビシャスの監督に就任。 2006年、退団。 2007年、東京国際大学の監督に就任。史上2人目*1のプロ監督経験者の大学野球監督となる。 *1:大阪タイガースの監督後早稲田大学に監督として復帰した森茂雄?に続き、2人目。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 野球
  • 軟式
  • プロ野球
  • 熊本市
  • 監督
  • プロ
  • 二本木
  • 交流
  • 全日本
  • 内野手
  • 協会
  • 古葉
  • 名誉
  • 国際
  • 大学
  • 少年
  • 広島東洋カープ
  • 引退
  • 時代
  • 東京国際大学
  • 熊本県
  • 現役
  • 理事
  • 解説者
  • 詳細
  • 連盟
  • 選手
  • こば
  • たけし
  • リーグ
  • 会長
  • 優勝
  • 公益
  • 出身
  • 史上初
  • 名将
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 改名
  • 日本一
  • 旧名
  • 法人
  • 現在
  • 球団
  • 社団
  • 竹識
  • 西区
  • 赤ヘル
  • 黄金期