生年月日データベース

冨田勲とみたいさお

作曲家、シンセサイザー奏者[日本]

1932年 4月22日

2016年 5月5日 死去慢性心不全享年85歳

冨田 勲(とみた いさお、1932年4月22日 - )は、日本の作曲家、編曲家、シンセサイザー奏者。
1950年代、慶應義塾大学文学部在学中に作曲家として活動を始め、NHKや民放における数々のテレビ番組、また映画や虫プロダクション関連のアニメーションなど多くの作品で音楽を担当した。
特に大河ドラマやNHK番組、虫プロアニメの主題曲、BGMは、繰り返し単独やオムニバスでレコードやCDが発売されて今なお愛され続けている。
これらの多くではまだ電子音はほとんど取り入れられていないが、メロディ作りにもアコースティックのオーケストレーションにも才能を発揮し、各社のオファーは絶えなかった。
初期のころにおいては、作曲家として活動する一方、従来のオーケストラという演奏形態に飽きたらず、新たに出現してきた電子機器と古典的な楽器を融合させるなど、様々な音楽の可能性を追求した。
その後1969年にモーグ・シンセサイザーと出会ったことが転機となり、これ以降は古典的名曲をシンセサイザーによって現代的な解釈を加えて発表するという活動が中心となった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

作曲家、編曲家、シンセサイザー奏者。1932年4月22日、東京都杉並区生まれ。幼少時を中国北京で過ごし、39年帰国。慶應義塾高等学校時代より作曲を始め、慶應義塾大学文学部在学中よりテレビ番組や映画などの音楽を手がけた。71年、アナログシンセサイザーを購入し、74年にシンセサイザーを用いたデビューアルバム「月の光」(US盤の名称は「SnowflakesAreDancing」)を発表。日本人で初めてグラミー賞ノミネート(4部門)を果たした。立て続けに、クラシック音楽をシンセサイザーで編曲・演奏した「展覧会の絵」「惑星」をリリースし、米ビルボード誌のクラシカルアルバムチャート3連続第1位を達成。アルバムは、96年の「バッハ・ファンタジー」に至るまで世界的ヒットを記録している。その後も、国内外を問わず、壮大なスケールの音楽イベントを開催するなど、シンセサイザーを中心としたミュージックシーンをリードし続けている。 (2013-2-6) 冨田勲 シンセサイザーを使った電子音楽の第一人者で、世界的に知られた音響作家・作編曲家・シンセサイザー奏者。1932年東京都出身。慶応大在学中、朝日新聞社主催の合唱コンクール課題曲に応募し1位となったことがきっかけで作曲の道へと進み、NHKの「きょうの料理」「新日本紀行」や大河ドラマ第1作である「花の生涯」などの音楽を担当する。テレビアニメ「ジャングル大帝」「リボンの騎士」の音楽も手掛け注目された。71年に渡米して、米国で開発されたばかりのモーグ・シンセサイザーを日本に紹介し、本格的な電子音楽の文化を広めた。74年には日本人では初めて米グラミー賞にノミネートされ、その後もた …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • シンセサイザー
  • テレビ
  • 活動
  • 番組
  • 音楽
  • キャラクター
  • サウンド
  • テレビドラマ
  • トミタ
  • ドキュメンタリー
  • ラジオ
  • 人形劇
  • 作品
  • 作家
  • 作曲
  • 大河ドラマ
  • 奏者
  • 学生
  • 手法
  • 時代
  • 時代劇
  • 晩年
  • 概要
  • 特撮
  • 草創期
  • 編曲家