誕生日データベース

イマヌエル・カントImmanuel Kant

哲学者[ドイツ]

1724年 4月22日

1804年 2月12日 死去享年81歳
イマヌエル・カントの名言
互いに自由を妨げない範囲において、 我が自由を拡張すること、これが自由の法則である。
イマヌエル・カント - ウィキペディアより引用
イマヌエル・カント(Immanuel Kant、1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、ドイツの哲学者、思想家。
プロイセン王国出身の大学教授である。
『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。
フィヒテ、シェリング、そしてヘーゲルへと続くドイツ古典主義哲学(ドイツ観念論哲学)の祖とされる。
後の西洋哲学全体に強い影響を及ぼし、その影響は西田幾多郎など日本の哲学者にも強く見られる。
生涯 イマヌエル・カントは1724年、東プロイセンの首都ケーニヒスベルク(現ロシア領カリーニングラード)で馬具職人の四男として生まれた。
生涯のほとんどをその地で過ごしそこで没した。
両親はルター派の敬虔主義を奉じていたため、カントはその濃厚な影響のもとに育った。
1732年、ラテン語学校であるフリードリヒ校に進んだ。
1740年にはケーニヒスベルク大学に入学する。
当初、神学をこころざしたが、ニュートンの活躍などで発展を遂げつつあった自然学に関心が向かい、哲学教授クヌッツェンの影響のもと、ライプニッツやニュートンの自然学を研究した。

■ 関連書籍

連想語句
  • 哲学
  • 批判
  • ドイツ
  • ケーニヒス
  • シェリング
  • フィヒテ
  • フリードリヒ
  • ヘーゲル
  • ベルク
  • 判断力
  • 哲学者
  • 大学
  • 実践理性
  • 思想
  • 教授
  • 概説
  • 生涯
  • 純粋理性
  • 西洋
  • 観念
  • 認識
  • 超越
  • 転回
  • アルベルトゥス
  • ゲオルク
  • ゴットリープ
  • ヨハン
  • ヴィルヘルム
  • 主義
  • 以後
  • 全体
  • 古典
  • 影響
  • 批判書
  • 提唱
  • 枠組み
  • 発表