誕生日データベース

ハロルド・ロイドHarold Clayton Lloyd, Sr.

俳優コメディアン[アメリカ]

1971年 3月8日 死去享年79歳
ハロルド・ロイド - ウィキペディアより引用
ハロルド・クレイトン・ロイド・シニア(Harold Clayton Lloyd, Sr., 1893年4月20日 - 1971年3月8日)は、アメリカ合衆国のコメディアン。
1920年代を主に活躍したサイレント映画の大スターで、日本ではチャーリー・チャップリンやバスター・キートンと並ぶ「世界の三大喜劇王」と呼ぶことが多い。
プロフィール 子役、エキストラを経て、約200本近くの映画に出演。
多くの作品にカンカン帽にセルロイドの丸ぶち眼鏡という独特のスタイルで登場した。
都会的な一好青年によるドタバタ喜劇というのが特徴で、気弱な主人公が、いざ恋する女性のために一念発起、大奮闘する姿がよく描かれた。
この丸ぶち眼鏡を通称"ロイド眼鏡"というのは、彼にちなんでいる。
デビュー 友人でもあったプロデューサーのハル・ローチの下、1915年、ロンサムリューク(まだ眼鏡をかけておらず、チャップリンが創作したキャラクター"The Tramp"に酷似)という不恰好で狡猾なキャラクターで売り出した。

■ 関連映像作品

タイトル
ハロルド・ロイド COMEDY SELECTION DVD-BOX
監督
出演俳優
ハロルド・ロイドミルドレッド・デイビスリリャード・ダニエルスジョビナ・ラルストンコンスタンス・カミングス
発売元
IVC,Ltd.(VC)(D)
発売日
2012年8月24日
新品価格
¥ 14,549 より
中古商品
¥ 3,979 より
タイトル
ロイドの要心無用 [DVD]
監督
出演俳優
ハロルド・ロイドミルドレッド・デイヴィス
発売元
IVC,Ltd.(VC)(D)
発売日
2014年6月27日
新品価格
¥ 1,050 より
中古商品
¥ 3,498 より
タイトル
ロイドの要人無用 (Safety Last!) [DVD]劇場版(4:3)【超高画質名作映画シリーズ84】 デジタルリマスター版
監督
出演俳優
ミルドレッド・デイヴィスビル・ストローザーノア・ヤング
発売元
メディアディスク
発売日
新品価格
¥ 1,999 より
中古商品
より
タイトル
猛進ロイド [DVD]
監督
フレッド・ニューメイヤー
出演俳優
ハロルド・ロイドジョビナ・ラルストン
発売元
IVC,Ltd.(VC)(D)
発売日
2014年6月27日
新品価格
¥ 840 より
中古商品
¥ 3,190 より
タイトル
HAROLD LLOYD COLLECTION [DVD]
監督
出演俳優
発売元
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日
2008年11月13日
新品価格
¥ 117,655 より
中古商品
¥ 18,450 より
タイトル
爆笑コメディ劇場 DVD10枚組 BCP-047
監督
出演俳優
チャールズ・チャップリンバスター・キートンマルクス兄弟ハロルド・ロイド
発売元
株式会社 コスミック出版
発売日
2007年1月01日
新品価格
¥ 1,453 より
中古商品
¥ 1,050 より
タイトル
ロイドの牛乳屋 [DVD]
監督
出演俳優
ハロルド・ロイドアドルフ・マンジュ―ヴァリー・ティーズデイルヘレン・マックウィリアム・ガーガン
発売元
IVC,Ltd.(VC)(D)
発売日
2014年6月27日
新品価格
¥ 1,050 より
中古商品
より
タイトル
ロイドのスピーディ (Speedy) [DVD]劇場版(4:3)【超高画質名作映画シリーズ81】 デジタルリマスター版
監督
テッド・ワイルド
出演俳優
アン・クリスティバート・ウッドラフブルックス・ベネディクトジョージ・ハーマン・ルース
発売元
メディアディスク
発売日
新品価格
¥ 1,999 より
中古商品
より
タイトル
ロイドの人気者 [DVD]
監督
出演俳優
ハロルド・ロイドジョビナ・ラルストン
発売元
IVC,Ltd.(VC)(D)
発売日
2014年6月27日
新品価格
¥ 100 より
中古商品
より
タイトル
シネマ語り ~ナレーションで楽しむサイレント映画~ ロイドの要心無用 [DVD]
監督
サム・テイラー/フレッド・ニューメイヤー
出演俳優
ハロルド・ロイドミルドレッド・デイヴィスビル・ストローザ―ノア・ヤングW・B・クラーク
発売元
IVC,Ltd.(VC)(D)
発売日
2016年8月26日
新品価格
¥ 1,150 より
中古商品
¥ 1,100 より

■ 関連書籍

タイトル
#302)ポストカード-輸入版 [ハロルド・ロイド ] 当時販売物
著者
輸入版ポストカードcinemaTAKA
発売元
UK-pyramid他
発売日
2018-01-04
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
ハロルド・ロイド 【喜劇の王様】 淀川長治 クラシック名作映画解説全集
著者
発売元
IVC
発売日
2017-02-08
新品価格
¥ 100 より
中古商品
より
タイトル
週刊 ザ・ムービー 1923年 ハロルド・ロイド/要人無用/ロナルド・コールマン 64号
著者
発売元
発売日
1999
新品価格
より
中古商品
¥ 243 より
タイトル
字>ロイドの活動狂(ムービークレージー)―[クラシックコメディシリーズ] ()
著者
ハロルド・ロイド
発売元
紀伊國屋書店
発売日
2001-02-01
新品価格
より
中古商品
¥ 15,000 より
タイトル
猛進ロイド【字幕版】[VHS]ビデオ
著者
フレッド・ニューメイヤー監督:サム・テイラー
発売元
アイ・ヴィ・シー
発売日
1994
新品価格
より
中古商品
¥ 1,499 より

■ 関連音楽作品

タイトル
レジェンズ・オブ・アシッド・ジャズ
歌手
発売元
ビクターエンタテインメント
発売日
1999年12月16日
新品価格
より
中古商品
¥ 2,300 より
タイトル
マントヴァーニの世界
歌手
発売元
ビクターエンタテインメント
発売日
1995年7月15日
新品価格
¥ 29,880 より
中古商品
¥ 1,857 より
ハロルド・ロイド 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内、 検索
ハロルド・ロイド
HaroldLloyd 『ロイドの牛乳屋』(1936年)より 本名 ハロルド・クレイトン・ロイド 生年月日 (1893-04-20)1893年4月20日 没年月日 (1971-03-08)1971年3月8日(77歳没) 出生地 アメリカ合衆国
ネブラスカ州 ジャンル コメディアン 配偶者 ミルドレッド・デイヴィス 主な作品 『ロイドの要心無用』、『猛進ロイド』、『ロイドの人気者』 受賞 アカデミー特別賞/1952 表示

ハロルド・クレイトン・ロイド・シニア(英:HaroldClaytonLloyd,Sr.、1893年4月20日-1971年3月8日)は、アメリカ合衆国のコメディアン。1920年代を主に活躍したサイレント映画の大スターである。

目次

    1プロフィール
      1.1デビュー 1.2人気 1.3トーキー時代 1.4晩年
    2主な作品1920年代以降 3エピソード 4関連書籍 5関連項目 6脚注 7外部リンク

プロフィール[編集]

子役、エキストラを経て、約200本近くの映画に出演。多くの作品にカンカン帽にセルロイドの丸ぶち眼鏡という独特のスタイルで登場した。都会的な一好青年によるドタバタ喜劇というのが特徴で、気弱な主人公が、いざ恋する女性のために一念発起、大奮闘する姿がよく描かれた。この丸ぶち眼鏡を通称ロイド眼鏡というのは、彼にちなんでいる。

デビュー[編集]

『ロイドの水兵』より(1921年)

友人でもあったプロデューサーのハル・ローチ(英語版)の下、1915年、ロンサムリューク(まだ眼鏡をかけておらず、チャップリンが創作したキャラクター「ザ・トランプ」[1]に酷似)という不恰好で狡猾なキャラクターで売り出した。ビーブ・ダニエルズ、スナップ・ポラードという共演者を得て、1917年、『ロイドの野球(英語版)』で初めてグラスキャラクター「ザ・ボーイ」[2]になった。

向こう見ずなキャラクターに変わりはないが、1919年までにアイデアに富む目まぐるしいドタバタを展開した。ただ荒々しいだけではなく、感情的にも共感できることがほしいということで、その作品も徐々に観客の心を掴むよう工夫された。驚いて「髪が総毛立つ」というギャグを、風を顔に当てて表現するなど、漫画的な映像表現を積極的に採り入れたりもした。

人気[編集]

『要心無用』での危険なスタント

1919年、相手役を可憐なミルドレッド・デイヴィス(1923年にロイドと結婚)に代え、短編から中長編へと乗り出す。

『俺がやる』(1921)
後ろの女性が後に妻となるミルドレッド・デイヴィス

1920年製作の『ロイドの化物退治』撮影中、小道具の爆発事故により右手の親指と人差し指を失くし、それ以降は義指着用となった。『要心無用(1923)』の有名なビルディング・アクションも、義指をつけての演技である。

その後、傑作『豪勇ロイド(1922)』や、『猛進ロイド(1924)』を発表。1925年にはチャップリンの『黄金狂時代』を、同年の『ロイドの人気者』で興行成績を上回った。

相手役も名花ジョビナ・ラルストンに代わり、一年に一本の割合で長編作品を作り続けた。尚、日本でも、明朗快活でモダンなロイド喜劇は一世を風靡し、巨匠・小津安二郎監督などにも影響を与えている。小津作品の『大学は出たけれど』や『和製喧嘩友達』のセットにロイド作品のポスターが使用されている。

トーキー時代[編集]

妻ミルドレッドと(1925年)

サイレント時代のスターが、徐々にそのトーキーシステムに乗りきれず(声が悪かったり過剰演技)凋落していくなかで、アクションが売りだったロイドも、また苦境を迎えていた。

人気は以前のように持続できなかったが、主演する映画はそれなりにヒットしている。また彼は商才に長けていたため、自分のフィルムを後々まで手許に残し、再び脚光を浴びる機会を窺っていた。彼の死後、タイムライフ社がその権利の一部を買い取り、頻繁にテレビでも放映された。(日本では1970年代に「ロイド小劇場」〔NHK〕として)。

晩年[編集]

ハリウッドの栄誉標

1952年、ロイドはコメディアンの巨匠、及びよき市民としてアカデミー特別賞を授与された。

晩年は、趣味でもある写真工学の研究に励み、3Dで撮ったストリッパーや、マリリン・モンローの写真が遺されている(孫娘スザンヌ・ロイドが10万点の中から厳選した写真集が2004年に出版された)。

1971年3月8日、前立腺癌により77歳で死去。

2008年、ロイド全盛期の傑作がDVD-BOXとしてリリースされ、リマスターされた良質な映像で観られるようになった。

主な作品1920年代以降[編集]

『豪勇ロイド』のポスター 広告(1919年)
  • ずるい若様(英語版)』(1920年)
  • ロイドの化物退治(英語版)』(1920年)
  • 都会育ちの西部者(英語版)』(1920年)
  • 眼が廻る(英語版)』(1920年)
  • ロイドの神出鬼没(英語版)』(1920年)
  • ロイドの何番々々(英語版)』(1920年)
  • 好機逸すべからず(英語版)』(1921年)
  • 客に混って(英語版)』(1921年)
  • 俺がやる(英語版)』(1921年)
  • ロイドの落胆無用(英語版)』(1921年)
  • ロイドの水兵(英語版)』(1921年)-初の長編
  • 豪勇ロイド(英語版)』(1922年)
  • ドクター・ジャック(英語版)』(1922年)
  • ロイドの要心無用(英語版)』(1923年)
  • ロイドの巨人征服(英語版)』(1923年)
  • 猛進ロイド(英語版)』(1924年)
  • ロイドの初恋(英語版)』(1924年)
  • ロイドの人気者(英語版)』(1925年)
  • ロイドの福の神(英語版)』(1926年)
  • 田吾作ロイド一番槍(英語版)』(別題『キッド・ブラザー』)(1927年)
  • ロイドのスピーディ(英語版)』(1928年)
  • 危険大歓迎(英語版)』(1929年)-初のトーキー作品
  • ロイドの足が第一(英語版)』(1930年)
  • ロイドの活動狂(英語版)』(1932年)
  • ロイドの大勝利(英語版)』(1934年)
  • ロイドの牛乳屋(英語版)』(1936年)
  • ロイドのエジプト博士(英語版)』(1938年)
  • ハロルド・ディドルボックの罪(英語版)』(1947年) aka:MadWednesday
  • ロイドの喜劇の世界(英語版)』(1962年)

エピソード[編集]

フリーメイソンの内組織シュライン(英語版)の帽子を被ったロイド(1946年頃)
  • 1925年にカリフォルニア州ハリウッドにあるフリーメイソンのアレキサンダー・ハミルトン・ロッジNo.535(AlexanderHamiltonLodgeNo.535)に入会[3]。
  • 1962年に日本に来たときに、脱疽により右足を失くした榎本健一を見舞い、「私も撮影中の事故で指を失った。ハリウッドには片足を無くして義足で頑張っている俳優がいる。次に日本に来る時はあなたがまた舞台や映画で活躍していることを確信している」と榎本を激励した。翌年に再来日。今度はエノケンが帝国ホテルのロイドを訪ね、「あなたの精神力に敬服する」と復活を喜んだロイドは、喜劇俳優としての心得について、「滑稽な身なりをして、同じタイプの性格を演じるというコメディアンが同世代に多いが、自分は同じ平凡な身なりで性格で演じ分けた」と語った。また、『シャボン玉ホリデー』など日本のテレビ番組にゲスト出演した。
  • ジャッキー・チェンの代表作である『プロジェクトA』の時計台からの落下シーンは、ハロルド・ロイド(『要心無用』)にジャッキーが敬意を表したものである。
  • ビバリーヒルズにあるロイドの豪邸(通称"グリーン・エーカーズ"と呼ばれ、敷地面積約6000坪)は、かつてエディ・マーフィ主演の『ビバリーヒルズ・コップ』や、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『コマンドー』のロケで使われたことがある。

関連書籍[編集]

  • サイレント・コメディ全史(新野敏也著、1992年、喜劇映画研究会ISBN978-4906409013)
  • 〈喜劇映画〉を発明した男 帝王マック・セネット、自らを語る(マック・セネット著、石野たき子訳/新野敏也監訳、2014年、作品社ISBN4861824729)

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ハロルド・ロイドに関連するメディアおよびカテゴリがあります。
  • ハリウッド
  • 淀川長治

脚注[編集]

^英:TheTramp ^英:TheBoy ^Lloyd,Harold.“PhoenixMasonryMasonicMuseum”.MasonicResearch.PhoenixMasonary.2012年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]

  • ハロルド・ロイド-allcinema
  • ハロルド・ロイド-KINENOTE
  • HaroldLloyd-インターネット・ムービー・データベース(英語)
  • ロイドの出演作品(動画)
  • ハロルド・ロイド財団
典拠管理
  • WorldCat
  • VIAF:17347452
  • LCCN:n50050609
  • ISNI:000000012122479X
  • GND:118573667
  • SUDOC:029875951
  • BNF:cb12739554r(データ)
  • BIBSYS:90153314
  • NLA:35246503
  • NKC:jn20000701067
  • BNE:XX1181951
  • RKD:87940
  • IATH:w6475vg0
  • PIC:272593
「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ハロルド・ロイド&oldid=66251004」から取得 カテゴリ:
  • アメリカ合衆国の男優
  • ネブラスカ州の人物
  • アメリカ合衆国のコメディアン
  • サイレント映画の俳優
  • ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム
  • 切断障害を持つ人物
  • 1893年生
  • 1971年没
隠しカテゴリ:
  • プロジェクト人物伝項目
  • ウィキデータにあるKINENOTEID
  • VIAF識別子が指定されている記事
  • LCCN識別子が指定されている記事
  • ISNI識別子が指定されている記事
  • GND識別子が指定されている記事
  • BNF識別子が指定されている記事
  • BIBSYS識別子が指定されている記事
  • NLA識別子が指定されている記事
  • RKDartists識別子が指定されている記事
  • SNAC-ID識別子が指定されている記事
  • PIC識別子が指定されている記事
  • ISBNマジックリンクを使用しているページ

案内メニュー

個人用ツール
    ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログイン
名前空間
    ページノート
変種
表示
    閲覧編集履歴表示
その他

検索

案内
    メインページコミュニティ・ポータル最近の出来事新しいページ最近の更新おまかせ表示練習用ページアップロード(ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
    ヘルプ井戸端お知らせバグの報告寄付ウィキペディアに関するお問い合わせ
ツール
    リンク元関連ページの更新状況ファイルをアップロード特別ページこの版への固定リンクページ情報ウィキデータ項目このページを引用
印刷/書き出し
    ブックの新規作成PDF形式でダウンロード印刷用バージョン
他のプロジェクト
    コモンズ
他言語版