生年月日データベース

今村猛

プロ野球選手[日本]

1991年 4月17日

今村猛 - ウィキペディアより引用

今村 猛(いまむら たける、1991年4月17日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(投手)。
プロ入り前 長崎県佐世保市(旧北松浦郡小佐々町)の出身。
小学3年生の時に楠栖クラブで一塁手として野球を始め、後に遊撃手と投手を兼任。
小佐々中学校では遊撃・三塁手としてプレー。
2年時に九州大会で優勝し、全国大会に出場。
この年には城島健司や寺原隼人らがオフシーズンに開催した野球教室に参加して城島と対戦。
今村は城島の内角を厳しくえぐった結果、脇腹に死球を当ててしまい、城島に笑いながら追いかけ回された。
清峰高校進学後は1年夏からベンチ入り。
秋には球速が140km/hを突破するなど、徐々に成長する。
2年の夏には第90回全国高等学校野球選手権記念大会に初出場し、2試合に登板した。
その後も秋季長崎大会、九州地区高等学校野球大会を制する。
3年春の第81回選抜高等学校野球大会では安定した投球でチームを牽引し、決勝では菊池雄星を擁する花巻東高校と対戦。

■ 関連書籍

プロ野球選手(投手)。 1991年4月17日生まれ、長崎県佐世保市出身。右投げ右打ち。 長崎県立清峰高等学校で1年夏から背番号11でベンチ入り。第81回選抜高等学校野球大会では安定した投球でチームを牽引し、決勝では菊池雄星投手を擁する花巻東と対戦。菊池との投手戦を1-0で勝利し見事優勝。長崎県勢としては春夏通じて初の全国優勝だった。大会では全5試合に先発し、44イニングを投げて47奪三振、4完投、3完封、失点はわずかに1点。防御率は0.20と抜群の安定感だった。また高校生とは思えぬ投球術にも注目が集まった。3年夏は長崎大会準々決勝で、優勝した長崎日大*1に敗れ甲子園出場はならなかった。 2009年のドラフト会議で広島東洋カープが単独1位指名し、交渉権を獲得した。 広島では河内貴哉以来10年ぶりとなる高卒指名での契約金1億円、年俸は球団の高卒新人では最高額となる1000万円(推定)で仮契約。2010年8月18日のヤクルト戦(マツダスタジアム)で一軍デビュー。2013年には前田健太とともにワールド・ベースボール・クラシックに出場した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロ
  • 投手
  • 選手
  • プロ野球
  • 代表
  • 年度
  • 広島東洋カープ
  • 成績
  • 背番号
  • 記録
  • 詳細
  • 関連
  • いまむら
  • たける
  • 今村
  • 所属